ラッセル『宗教と科学』第3章 進化 n.21


 ダーウイン主義(進化論)は、コペルニクス主義(地動説)同様に厳しい一撃を神学に与えた。(即ち)ダーウィン主義は、種の固定(性)や創世紀が主張していると思われる(神による)創造の多くの個々の行為を捨てる必要があっただけではなかった。また、それ(ダーウィン主義)は、生命の起源以降の時間の経過を仮定することが必要であり,(時間の経過は)キリスト教正統信仰にとってショッキングなものであった。それ(時間の経過)は、動物の環境への絶妙な適応 -今日ではそれは自然淘汰の働き(作用)として説明されている- に由来する,神意(摂理)の恩恵を支持する多くの議論を捨てる必要があっただけではなく,何よりも悪かったのは,進化論者たちが人間は(人間よりも)下等な動物の子孫であるとあえて主張したことである。神学者や教育のない人々は進化論のこの一面に飛びついた(fastened upon)。「ダーウインは、人間は猿の子孫だと言っている!」と,世界中が恐怖をもって叫んだ。彼は自分自身が猿に似ていたのでそう信じたんだと、よく言われた(彼は猿に似てはいなかったが)。私が子供(少年)の時、ある家庭教師にとてもまじめくさって「君がダーウイン主義者なら,私は君を憐れむよ。ダーウィン主義者であると同時にキリスト教徒であることはできないからだ」と言われた。今日にいたるまで,(米国の)テネシー州で進化論を教えることは違法である。なぜなら,進化論は神の言葉に反するものであると考えられているからである。

Chapter 3: Evolution, n.21
Darwinism was as severe a blow to theology as Copernicanism. Not only was it necessary to abandon the fixity of species and the many separate acts of creation which Genesis seemed to assert ; not only was it necessary to assume a lapse of time, since the origin of life, which was shocking to the orthodox ; not only was it necessary to abandon a host of arguments for the beneficence of Providence, derived from the exquisite adaptation of animals to their environment, which was now explained as the operation of natural selection — but, worse than any or all of these, the evolutionists ventured to affirm that man was descended from the lower animals. Theologians and uneducated people, indeed, fastened upon this one aspect of the theory. “Darwin says that men are descended from monkeys!” the world exclaimed in horror. It was popularly said that he believed this because he himself looked like a monkey (which he did not). When I was a boy, I had a tutor who said to me, with the utmost solemnity : “ If you are a Darwinist, I pity you, for it is impossible to be a Darwinist and a Christian at the same time.” To this day in Tennessee, it is illegal to teach the doctrine of evolution, because it is considered to be contrary to the Word of God.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-210.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です