『宗教と科学』第3章 進化 n.15


 この種の困難は,19世紀全期間を通して,信仰の厚い人々の心を悩ました。例えば,『神の存在の必要性』等々の著者であるウイリアム・ジレスピーによる「ヒユー・ミラーの事例によって例証される地質学者たちの神学」という小著及びその他(の著作)を読んでみるとよい(「a little book called The Theology of Geologists, as exemplified in the cases of Hugh Miller, and others By William Gillespie, author of The Necessary Existence of God, etc., etc.」の「By]がなぜ大文字になっているのか不詳)。スコットランドの神学者によるこの本は,1859年に出されているが,それはダーウィンの「種の起源」が出された年である。この本は「地質学者たちによる恐ろしい仮定」について語り,「熟慮するのも恐ろしい問題を起こす中心人物」として彼ら地質学者たちを糾弾している。(注:head and front 中心人物/offending 問題[障害]を起こす,不快にさせる)。この著者が関心を持っている主な問題は,ヒユー・ミラーの「岩石の証拠」によって提起された問題であり,ミラーの著書の中では,「人間(人類)が罪を犯し(その結果)苦難を受ける以前の,(聖書に)語られていない時代にも,創造された動物たちは今日の闘争状態とまったく同じ状態にあった」と主張されている。ヒユー・ミラーは,人間が誕生する前に絶滅した動物の(いろいろな)種が互いに使用した殺戮や苦痛を与える道具について,生き生きと,また,ある程度の恐怖心をもって,記述している。(注:instruments of death and even torture employed against each other というのはチンパンジーやゴリラなどが使用した先のとがった木の棒のようなものであろうか?) (地質学者の)ミラー自身は深い信仰の持主であったので,なぜ創造主(神)が罪を犯すことのない被造物(神の創造物)にそのような苦しみを科したのか理解しがたいと思った。(神学者の)ジレスビー氏は,証拠を突きつけられて(も)(in the face of the evidence),低級な動物は,人間の罪のせいで,苦しんで死ぬのだという正統派の見解を大胆に再び断定し,アダムがリンゴを食べるまで動物は死ぬことがなかったということを証明するために「人間によって死がやってきた」という(聖書の)文句を引用している。(原注:これがキリスト教の全ての派の見解であった。そうして,ウェスレーは,人間の堕落前は「蜘蛛は蝿と同様に無害であったし,血を求めて横たわっていなかった」と言う。)。絶滅した動物の(絶滅前の)闘争状態に関するヒュー・ミラーの叙述を引用した後,彼(ジレスビー)は慈悲深い創造主がそのような怪物を創造したはずがないと叫んでいる。ここまでは,我々も彼に同意するかも知れない。しかし,それ以後の彼の議論は奇妙である。彼(ジレスビー)はあたかも地質学の証拠を否定しているかのようである。しかし,結局は,彼の勇気は彼を失敗させている。彼は,次のように言っている。「結局のところ,もしかするとそういった怪物もいたかも知れないが,それらは神によって直接造られたのではない。それらはもともとは清浄な被造物であったが,悪魔によって誤った方向に導かれた(道に迷った)ものである,あるいは,もしかすると,(マタイによる福音書に出てくる)ガダラの豚(the Gadarene swine)のように,実際はもしかすると悪魔の霊の宿った動物の肉体だったのかも知れない。このことが,聖書に,多くの人のつまづきになったガダラの豚の物語がある理由であろう。 (注:荒地出版社刊の訳本で,津田氏は「結局,そのような怪物もいたにちがいないが・・・」「(それらは)実際は悪魔の霊の宿った動物の肉体だったのだろう」と訳出している。「probably」なら「多分」であるが,「perhaps」は「もしかすると」「ことによると」,であるので不適切な訳)。

Chapter 3: Evolution, n.15
Difficulties of this kind exercised the mind of religious men all through the nineteenth century. Read, for example, a little book called The Theology of Geologists, as exemplified in the cases of Hugh Miller, and others By William Gillespie, author of The Necessary Existence of God, etc., etc. This book by a Scottish theologian was published in 1859, the year in which Darwin’s Origin of Species appeared. It speaks of “the dread postulates of the geologists,” and accuses them of a “head and front of offending fearful to contemplate.” The main problem with which the author is concerned is one raised by Hugh Miller’s Testimony of the Rocks, in which it is maintained that “untold ages ere man had sinned or suffered, the animal creation exhibited exactly its present state of war.” Hugh Miller describes vividly, and with a certain horror, the instruments of death and even torture employed against each other by species of animals which were extinct before man existed. Himself deeply religious, he finds it difficult to understand why the Creator should inflict such pain upon creatures incapable of sin. Mr. Gillespie, in face of the evidence, boldly reaffirms the orthodox view, that the lower animals suffer and die because of man’s sin, and quotes the text, “By man came death,” to prove that no animals died until Adam had eaten the apple. (note: This was the view of all sects. Thus Wesley says that, before the Fall, “the spider was as harmless as the fly, and did not lie in wait for blood.”) After quoting Hugh Miller’s descriptions of warfare among extinct animals, he exclaims that a benevolent Creator could not have created such monsters. So far, we may agree with him. But his further arguments are curious. It seems as though he were denying the evidence of geology, but in the end his courage fails him. Perhaps there were such monsters, after all, he says ; but they were not created directly by God. They were originally innocent creatures led astray by the Devil ; or perhaps, like the Gadarene swine, they were actually animal bodies inhabited by the spirits of demons. This would explain why the Bible contains the story of the Gadarene swine, which has been a stumbling-block to many.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-150.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です