『宗教と科学』第3章 進化 n.12


 このような見方(注:削剥や,地盤の沈下や隆起,などによる大陸の生成消滅)を採用するのを,早い時期(時代)に,妨げていたのは,主としてモーセの年代記であり,創世紀(物語)の支持者たちは,ハットンや彼の弟子のプレーフェアを猛攻撃した(注:Mosaic 大文字の場合は,モザイク画ではなく,「モーセの」)。ライエルは次のように言っている。(原注:『地質学原理(第17版)』第I巻 p.78参照)「ハットンの学説に抗して(反対して)引き起こされた党派感情や,論争における公正さや冷静さのあからさまな無視は,読者が当時のイギリス社会の熱狂的興奮状態を想起しなければほとんど信じられないことであろう。(一方)フランスにおいては,一群の著作家たちは,永年の間,キリスト教信仰の基礎(根底)を掘り崩し,聖職者たちの影響(力)を排除しようと熱心に努力し続けていた。そうして,彼らの成功やフランス市民革命(注:1789年5月5日-1799年11月9日)の結果が最も臆病な人々(the most resolute)をびっくりさせていた一方(while),(その次のレベルの)より臆病な人々(the more timid)の想像力は,何らかの恐ろしい夢の中に現れる悪魔によって絶えずつきまとわれるように,絶えず革新の恐ろしさによってつきまとわれていた(注:守旧派や旧体制派にとって「革新」は恐ろしいこと)」。1795年まで,イギリスのほとんど全ての裕福な人々は,聖書に反するいかなる説の中にも(私有)財産に対する攻撃やギロチン台へ追いやられる脅威を見て取った。長年の間,イギリスの世論は,フランス市民革命以前よりもはるかにリベラル(自由主義的)でなかった。  その後の地質学の進歩は,化石に多くの生命の死滅形態が記録されていることから(ために),生物学の進歩とからみ合っている。世界の古さに関する限り,地質学と神学とは,6「日」を6(つの)「時代」と解釈するべきであると同意することで折り合うことが出来た。しかし,動物の生命に関しては,神学は多くの極めて明確な見解を持っており,それを科学と調和させることはますます困難であることが分った。(即ち神学者たちは次のような見解を持っていた)。(アダムとイブによる)人類の堕落前は,動物は互に捕食することはまったくなかった。現存する全ての動物は,(ノアの)箱舟の中に代表として選ばれた種類に属している。(原注:この見解にも難点がないわけではなかった。聖アウグスティヌスは蝿(のようなもの)をどうして神は創造したのか理解できないと告白している。ルターはもっと大胆に蝿は悪魔によって想像されたものであり,ルターが良書を書こうとすると彼の注意をそらそうとする,と断定しているい。後者の意見は確かにもっともらしい(注:ルターは執筆時に蝿に悩まされたのだろうという,ラッセルの冗談)。 現在では絶滅してしまった種は,ほとんど例外なくノアの大洪水の時に溺死した。種は不変であり,それぞれの種は,(神による)創造の別々の行為により生じたものである。これらの命題のいかなるものも疑問を抱くことは神学者たちの敵意を招く運命にあった(のである)。

Chapter 3: Evolution, n.12
It was chiefly the Mosaic chronology that had kept men from adopting this point of view at an earlier date, and the upholders of Genesis made vehement onslaughts on Hutton and his disciple Playfair. “The party feeling,” says Lyell, (note: Principles of Geology, eleventh edition, Vol. I, p. 78) ” excited against the Huttonian doctrines, and the open disregard of candour and temper in the controversy will hardly be credited by the reader, unless he recalls to his recollection that the mind of the English public was at that time in a state of feverish excitement. A class of writers in France had been labouring industriously for many years, to diminish the influence of the clergy, by sapping the foundations of the Christian faith ; and their success, and the consequences of the Revolution, had alarmed the most resolute minds, while the imagination of the more timid was continually haunted by dread of innovation, as by the phantom of some fearful dream.” By 1795, almost all the well-to-doin England saw in every un-Biblical doctrine an attack upon property and a threat of the guillotine. For many years, British opinion was far less liberal than before the Revolution. The further progress of geology is entangled with that of biology, owing to the multitude of extinct forms of life of which fossils preserve a record. In so far as the antiquity of the world was concerned, geology and theology could come to terms by agreeing that the six “days” were to be interpreted as six “ages.” But on the subject of animal life theology had a number of very definite views, which it was found increasingly difficult to reconcile with science. No animals preyed on each other until after the Fall ; all animals now existing belong to species represented in the ark (note: This opinion was not without its difficulties. St. Augustine confessed himself ignorant as to God’s reason for creating flies. Luther, more boldly, decided that they had been created by the Devil, to distract him when writing good books. The latter opinion is certainly plausible.) ; the species now extinct were, with few exceptions, drowned in the flood. Species are immutable, and each has resulted from a separate act of creation. To question any of these propositions was to incur the hostility of theologians.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-120.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です