『宗教と科学』第3章 進化 n.2


 現代人(の精神)にとって,(人類社会の)発展や漸進的成長に対する確信(belief)を持つようになってからまだ間もないということを理解(認識)することは難しい(注:産業革命以前は,変化のあまりない日々の連続だった)。事実,人々がそのような確信を持つようになったのは,ほぼ完全にニュートン以後のことである。(キリスト教の)正統派信仰においては,世界(world この世/宇宙)は6日間で(神によって)創造され,その時以来,現在存在している(のと同数の)天体を全て含み,また,あらゆる動物や植物が -ノアの大洪水(the Delge)で滅亡してしまったいくつかの他のものと同様に- 存在していた(had contained 含んでいた)。  進歩は宇宙の法則であるどころか,今日ほとんどの神学者が(強く)主張するように -全てのキリスト教徒がそう信じていたことであるが- (原罪による)人間の堕落時代においては,恐るべき災難の組み合わせが存在していた。(即ち)神は,アダムとイブに,ある木の実を食べないように告げた。しかし,彼ら(アダムとイブ)は,それにもかかわらず,それを食べてしまった。その結果,神は,彼ら(アダムとイブ)と彼らの全ての子孫が死ぬべき運命をもち,死後は彼らの子孫の末代まで,地獄で永遠の罰を受ける運命をもつように,と布告した(decreed)。ある計画のもとに選ばれた一定の例外の者たちがいたが,それについては大いに論争があった。アダムの原罪(発生)の瞬間から,動物は相互に捕食しあい(preying on each other),あざみ(thistles)やとげ(thorns)がおい茂り,季節の違い(四季)が生れ(注:楽園時代は常に温暖な気候),大地そのものが呪われ,辛い労働の結果でない限り,人間に食物を与えないようになった。ほどなく,人々はとても邪悪になり,ノアとその三人の息子とその妻を除いて,全てのものが供水で溺死させられた。そのとき以後,人間がよくなったとは考えられなかった。しかし,主(神)は,再び全世界に洪水をもたらすことはないと約束し,今日では、時々噴火や地震を起すことで満足されている。

Chapter 3: Evolution, n.1
It is difficult for a modern mind to realize how recent is the belief in development and gradual growth ; it is, in fact, almost wholly subsequent to Newton. In the orthodox view, the world had been created in six days, and had contained, from that time onwards, all the heavenly bodies that it now contains, and all kinds of animals and plants, as well as some others that had perished in the Deluge. So far from progress being a law of the universe, as most theologians now contend, there had been, so all Christians believed, a terrible combination of disasters at the time of the Fall. God had told Adam and Eve not to eat of the fruit of a certain tree, but they nevertheless did eat of it. In consequence, God decreed that they and all their posterity should be mortal, and that after death even their remotest descendants should suffer eternal punishment in hell, with certain exceptions, selected on a plan as to which there was much controversy. From the moment of Adam’s sin, animals took to preying on each other, thistles and thorns grew up, there began to be a difference of seasons, and the very ground was cursed so that it no longer yielded sustenance to Man except as the result of painful labour. Presently men grew so wicked that all were drowned in the Flood except Noah and his three sons and their wives. It was not thought that man had grown better since, but the Lord had promised not to send another universal deluge, and now contended Himself with occasional eruptions and earthquakes.  出典:Religion and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-020.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です