第18章 権力を手懐けること, n.26


 無責任な権力が,それが社会主義者のあるいは共産主義者の権力と呼ばれているという理由だけで,過去の全ての恣意的な権力の悪しき性質(特徴)を,奇蹟的に免れていると想像することは,幼稚な児童心理(nursery psychology 育児室や託児所の心理)に過ぎない。 悪しき君主(prince 王侯)が善良な君主に追放されれば,それで万事めでたしである。もし,ある君主が信頼されるとしたら,それは彼が(人間として)「善良」だからというのであってはならず,「悪者」であることがその君主の利益に反するからであるということでなければならない。これが事実であることを確保することは,権力を無害化することである。しかし(そうだからといって),我々が「善良」だと信じている人々を無責任な専制君主に変えることによって,権力を無害化することはできない。 (たとえば)BBC(英国放送協会:1922年にラジオ放送を開始/1927年1月に公共放送に組織変更/1936年11月には世界初のテレビ放送開始)は,一つの国家機関であるが,宣伝の自由と政府の独占(権)とを結びつけるというやり方で,何が可能かを示している。ゼネスト(全国総ストライキ)のような時には,これは認められなければならないことであるが,BBCは公平(不偏不党)であることをやめる(公平でなくなる)。しかし,普段は可能な限り,種々多様な意見をその意見を支持する人々の数に比例して表現する(言葉で表す)。社会主義国においても,集会のためのホールの賃借や論議を呼ぶ文書の印刷に関して,同様の調整がなされなければならないだろう。種々な意見を代表する種々な新聞があるよりも,一つの新聞が種々な政党に種々なページを割り当てるほうが望ましいということがわかるかも知れない。これ(この方法)は,読者はあらゆる意見を見る(see 読む/理解する)ことができるとともに,今日,自分と意見が一致しない新聞は見よう(読もう)ともしない人よりも一方的な見方に陥ることがより少なくなりそうだという長所がある。  芸術や科学及び(公共の福祉に反しない限り)政党政治のように,画一性が必要でもないし望ましくさえない若干の領域がある。そのような領域は競争することが正当である領域であり,公衆の感情はそのような事柄(問題)についての意見の相違には激高することなく我慢するようなものでなければならないということが重要である。民主主義が成功し持続するためには寛容の精神や憎しみが過剰でないことや暴力を愛する気持が多すぎないことが必要である。しかし,これは,権力を手懐けるための心理的な条件について考えなければならない(次の最終節で「心理的条件」について検討する)。

Chapter 18: The taming of Power, n.26 III
To suppose that irresponsible power, just because it is called Socialist or Communist, will be freed miraculously from the bad qualities of all arbitrary power in the past, is mere childish nursery psychology: the wicked prince is ousted by the good prince, and all is well. If a prince is to be trusted, it must be not because he is ‘good’, but because it is against his interest to be ‘bad’. To insure that this shall be the case is to make power innocuous; but it cannot be rendered innocuous by transforming men whom we believe to be ‘good’ into irresponsible despots. The BBC is a State institution which shows what is possible in the way of combining freedom of propaganda with government monopoly. At such a time as that of the General Strike, it must be admitted, it ceases to be impartial; but at ordinary times it represents different points of view, as nearly as may be, in proportion to their numerical strength. In a Socialist State, similar arrangements for impartiality would have to be made in regard to the hiring of halls for meetings and the printing of controversial literature. It might be found desirable, instead of having different newspapers representing different points of view, to have only one, with different pages allocated to different parties. This would have the advantage that readers would see all opinions, and would tend to be less one-sided than those who, at present, never see in a newspaper anything with which they disagree. There are certain regions, such as art and science, and (so far as public order allows) party politics, where uniformity is not necessary or even desirable. These are the legitimate sphere of competition, and it is important that public feeling should be such as to bear differences on such matters without exasperation. Democracy, if it is to succeed and endure, demands a tolerant spirit, not too much hate, and not too much love of violence. But this brings us to the psychological conditions for the taming of power.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER18_260.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です