第18章 権力を手懐けること, n.21


 第18章 権力を手懐けること, n.21 
従って,もし企業(economic enterprises)に対する国家の所有権(注:国有化あるいは公共企業体化など)や支配権が少しでも(in any degree)一般市民の利益になるべきだとするならば,民主主義は不可欠であるだけでなく,それは有効な(効果的な)民主主義でなければならないであろう。そうして,これは現在以上に将来ますます困難になるであろう。というのは,官僚(official class 高級官僚)が,もし注意深く監督されなければ,現在,政府の権力と,産業及び金融・財政を支配している人物が保有している権力の,その両方の権力を結びつけるであろうからであり,政府への反対を扇動する手段は,-ホール(集会場)や新聞やその他の宣伝に必須のものの唯一の所有者として- 政府自身の手によって提供されなければならないものとなるであろうからである。(注:社会主義国家によるマスコミ支配など/国家資本主義とでもいうべき体制にあってマスコミが政府権力によってコントロールされている場合も同様)  従って,全ての大規模な産業と金融・財政の公的所有は,権力を手懐けるための必要条件である一方,十分条件からはほど遠いものである。これは,より徹底的に,官僚の圧政により注意深く備えた,これまでに存在したいかなる純粋に政治的な民主主義よりも(政治的)宣伝の自由のための慎重な備え(熟慮した備え)を持った,(真の)民主主義によって補完されなければならない。

Chapter 18: The taming of Power, n.21
Not only, therefore, is democracy essential if State ownership and control of economic enterprises is to be in any degree advantageous to the average citizen, but it will have to be an effective democracy, and this will be more difficult to secure than it is at present, since the official class will, unless very carefully supervised, combine the powers at present possessed by the government and the men in control of industry and finance, and since the means of agitating against the government will have to be supplied by the government itself, as the sole owner of halls, paper, and all the other essentials of propaganda. While, therefore, public ownership and control of all large-scale industry and finance is a necessary condition for the taming of power, it is far from being a sufficient condition. It needs to be supplemented by a democracy more thorough-going, more carefully safeguarded against official tyranny, and with more deliberate provision for freedom of propaganda, than any purely political democracy that has ever existed.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER18_210.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です