第18章 権力を手懐けること n.8


 地方の利害や構成単位(種々の構成員)の感情,連邦と結びついた利害や感情よりも強い時には常に,連邦制が望ましい(注:一つの国家ではなく,ドイツや米国のような連邦制にする方がよい,ということ)。仮に国際的な政府が存在するならば,それは明らかに(権力が及ぶ範囲が)厳密に定義された権力をもつ,国民政府の連合体(a federation 連邦政府)でなければならないであろう。すでに,郵便などの,若干の目的のための国際的な機構(authorities 権威,当局)が存在している。しかし,そうした目的は,国際政府によって扱われる諸目的ほど公衆を益するものではない。そのような条件が欠けている場合には,連邦政府は,連邦を構成する単位であるいくつかの政府(the governments of the several units)を侵害しがちである。 アメリカ合衆国においては,憲法が制定されて以降,連邦政府は,諸州の犠牲によって力を増してきた。同様の傾向は,1872年から1918年に至るまでのドイツにも存在した。(一つの)世界連邦政府でさえ - 内乱の可能性はそこそこあるので(as might well happen)- もし(世界)連邦からの分離離脱の問題で内乱に巻き込まれていることに気がつくなら、連邦政府が勝利する場合には,多くの国民政府に対して,測り知れないほど強化される(強化する)であろう。このように,一つの方法としての連邦の効能は,非常に明確な限界を有している。しかしこの限界の枠内において,連邦(方式)は望ましくかつ重要である。

Chapter 18: The taming of Power, n.8
A federal system is desirable whenever the local interests and sentiments of the constituent units are stronger than the interests and sentiments connected with the federation. If there were ever an international government, it would obviously have to be a federation of national government, with strictly defined powers. There are already international authorities for certain purposes, e.g. postage, but these are purposes which do not interest the public so much as do those dealt with by national governments. Where this condition is absent, the federal government tends to encroach upon the governments of the several units. In the United States, the federal government has gained at the expense of the States ever since the Constitution was first enacted. The same tendency existed in Germany from 1871 to 1918. Even a federal government of the world, if it found itself involved in a civil war on the question of secession, as might well happen, would, if victorious, be immeasurably strengthened as against the various national governments. Thus the efficacy of federation, as a method, has very definite limits ; but within these limits it is desirable and important.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER18_080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です