第16章 権力哲学 n.10


 このようにして,独我論(唯我論)もある種の社会生活の基礎(基盤)となることが可能である。狂人の集団は,各々が自分は神だと思っていて,お互いに礼儀正しく振る舞うことを学習するかも知れない。しかし,そのような礼儀正しさは,各々の神(狂人)が自分の全能(性)を自分以外の神によって妨害されない限り続く(last 持続する)であろう。もしA氏(狂人A)が自分は神だと考える場合,他の人々の行為が彼(A氏)の目的に役立つ限りは,他者(他の狂人)の主張(pretentions 疑わしい主張)に対し寛容であるかも知れない。しかし,もしB氏があえてA氏の妨害をし,A氏は全能ではないという証拠をあえて出せば,A氏の強い怒り(wrath)に火が灯り,彼はB氏は悪魔か,さもなければ,悪魔の家来(家臣)の一人であると了解するであろう。B氏もまたA氏と同様な見方をするのは,もちろんであろう。それぞれ(A氏もB氏も)徒党を組み,相互に戦い -神学的な戦い(神学論争),厳しく,残酷で,狂った戦い- が起こるであろう A氏をヒットラーとし,B氏をスターリンと解釈すれば(読めば),あなたは現代世界の絵図を有することになる。ヒトラーは「私はヴオーダンだ」(注:Wotan 独語 ヴォータン。ゲルマンの主神)と言い,スターリンは「我こそは弁証法的唯物論(の化身)だ」という。そうして,両者の主張は,軍隊と航空機と毒ガスと,無垢で熱心な大衆というように,(in the way of)膨大な資源に支えられているので,両者の狂気は気づかれないままとなる

Chapter 19: Power Philosophies, n.10
In this way it is possible for solipsism to become the basis for a certain kind of social life. A collection of lunatics, each of whom thinks he is God, may learn to behave politely to one another. But the politeness will only last as long as each God finds his omnipotence not thwarted by any of the other divinities. If Mr A. thinks he is God, he may tolerate the pretensions of others so long as their acts minister to his purposes. But if Mr B. ventures to thwart him, and to provide evidence that he is not omnipotent, Mr. A’s wrath will be kindled, and he will perceive that Mr B. is Satan or one of his ministers. Mr B., of course, will take the same view of Mr A. Each will form a party, and there will be war — theological war, bitter, cruel, and mad. For “Mr A.” read Hitler, for “Mr. B.” read Stalin, and you have a picture of the modern world. “I am Wotan!” says Hitler. “I am Dialectical Materialism!, says Stalin. And since the claim of each is supported by vast resources in the way of armies, aeroplanes, poison gases’ and innocent enthusiasts, the madness of both remains unnoticed.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER16_100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です