第12章 権力と統治形態 n.13


 君主政治(君主制)が衰退する別の原因君主と臣民の利害の不一致以外の原因)は,もっと重要である。王(君主)は,国民の一部の人たちに頼る習慣を身につける。(即ち)貴族階級,教会,上流の有産階級,それから,もしかするとコサック(注: 黒海の北方ステップ地方のトルコ系農耕民; 乗馬術に長じ,帝政ロシアでは軽騎兵として活躍)のような地域的な集団(など),に頼るようになる。次第に,経済的あるいは文化的な変化が(王(君主)によって)寵愛を受ける集団の権力を減じ,そうして王(君主)もそれらの集団の不評(評判の悪さ)を分かち合う(共有する)こととなる。王(君主)は,ニコラス二世のように,最も完璧に自分の味方になるはずの集団の支持さえも失ってしまうほどおろかであるかも知れない。しかしそれは例外的なものである。(英国の)チャールズ一世及び(フランスの)ルイ十六世は貴族階級によって支持されたが,しかし,彼らは中産階級が反対したために没落した。  王や専制君主は,もしも国内政治において抜けめなくやり,かつ,対外的にもうまくやれば,自分の権力を推持することができる。王(や)独裁君主が半ば神聖な者(quasi-divine)であれば,彼の王朝は無期限に続くかもしれない。しかし,文明の発達により王の神性に対する信仰は終止符が打たれる。(即ち)戦いに敗れることは常にさけられることではない。政治的な老檜さ(抜け目なさ)は君主に不変の属性であるはずはない。従って、早晩,たとえ外国からの征服がなくても(if = even if),革命が起こり,君主政治は廃止されるか,権力を剥奪されるか,いずれかとなる。

Chapter XI: Powers and Forms of Government, n.13 The other cause for the decay of monarchy is more important. Kings acquire the habit of relying upon some section of the population : the aristocracy, the Church, the higher bourgeoisie, or perhaps a geographical group, such as the Cossacks. Gradually economic or cultural changes diminish the power of the favoured group; and the king shares their unpopularity. He may even, like Nicholas II, be so unwise as to lose the support of the groups that should be most completely on his side; but this is exceptional. Charles I and Louis XVI were supported by the aristocracy, but fell because the middle class was opposed to them. A king or despot can maintain his power if he is astute in internal politics and successful externally. If he is quasi-divine, his dynasty may be prolonged indefinitely. But the growth of civilization puts an end to belief in his divinity; defeat in war is not always avoidable ; and political astuteness cannot be an invariable attribute of monarchs. Therefore sooner or later, if there is no external conquest, there is revolution, and the monarchy is either abolished or shorn of its power.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER12_130.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です