第11章 組織体の生物学 n.15


 自立を愛することというのは,大部分の場合,外的な干渉を抽象的に嫌悪することではなく,政府が望ましいと考る何らかの形の統制 - (たとえば)酒類製造販売禁止(prohibition),徴兵制,国教信奉(religious conformity 英国国教会などの信奉)、その他、を嫌悪することである。時として,そういった(嫌悪)感情は,宣伝と教育によって徐々に克服されることがあるが,宣伝と教育は個人の自立に対する欲求を限りなく(indefinetely)弱めてゆくことができる。現代社会においては,多くの力 -(たとえば,)学校,新聞,映画,ラジオ,教練(反復練習),その他 - が,協同して,画一性(一様性)を作り出そうとする。人口密度(の高さ)も同様の効果をもつ。それゆえ,自立したいという感情と権力愛との間の一時的な均衡(状態)の位置は,現代の状況では,徐々に権力の方向に傾きがちであり,そうして(thus),全体主義国家の誕生と成功とを容易にする(のである)。教育によって,自立への愛は,現在,限界がわからないほど弱体化が可能である。どの程度まで国家の対内権力を,反乱を引き起こさずに徐々に増大してゆくことができるかについては,言うことは不可能であるが,しかし,時間さえ与えられればそのような国家の対内権力は,最も独裁的な国家が現在到達している点よりもはるかに越えて増大させることができることについては,疑問の余地がないように思われる。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.15 Love of independence is, in most cases, not an abstract dislike of external interference, but aversion from some one form of control which the government thinks desirable — prohibition, conscription, religious conformity, or what not. Sometimes such sentiments can be gradually overcome by propaganda and education, which can indefinitely weaken the desire for personal independence. Many forces conspire to make for uniformity in modern communities – schools, newspapers, cinema, radio, drill, etc. Density of population has the same effect. The position of momentary equilibrium between the sentiment of independence and the love of power tends, therefore, under modern conditions, to shift further and further in the direction of power, thus facilitating the creation and success of totalitarian States. By education, love of independence can be weakened to an extent to which, at present, no limits are known. How far the internal power of the State may be gradually increased without provoking revolt it is impossible to say; but there seems no reason to doubt that, given time, it can be increased far beyond the point at present
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_150.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です