第11章 組織体の生物学 n.6


 このことの最も明らかな例は国家である。いかなる国家も,十分強力である場合,外国の征服を目指す(ものである)。これと反対の(注:外国侵略をめざさない)明らかな例が生じるのは,国家が経験から,自身(自国)がそう思うほど強くないということを知っている場合か,あるいは,未経験から,実際そうであるよりも強くないと信じている場合か,そのどちらかの場合だけである。おおざっぱな原則は,国家というものは,征服できるものは全て征服し,征服を中止するのは,国家が辺境(a frontier)に達して,そこで他の国家あるいは国家群が自国の圧力と同じ強さの圧力を及ぼせる場合だけである。大英帝国がアフガニスタンを手に入れなかったのは,アフガニスタンでは,ロシアは英国と同様に強力であるからである。ナポレオンが(北アメリカの)ルイジアナをアメリカ合衆国に売ったのは,彼がルイジアナを防衛することが不可能であったからである,といった具合である。内在的な力ということに関するかぎり,あらゆる国家は世界的な規模になろうとする傾向がある。しかし,国家権力は,多かれ少なかれ、地理的なものである。(即ち)通常,国家権力はその中心から広がり(radiates from 放射し),中心からの距離が増すに連れてその影響力は弱まっていく。従って,中心からより遠くの距離であるいはより近くの距離で,国家権力は何らかの他の国家権力と平衡状態にあり,そこが国境となるであろう。ただし伝統の力がこれに干渉する場合は話は違ってくる(注:unless the force of tradition interferes 伝統の力の影響により、内部から平衡状態が崩れるということ?)。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.6 The most obvious example of this is the State. Every State which is sufficiently powerful aims at foreign conquest ; apparent instances to the contrary only arise where a State, from experience, knows itself to be less strong than it seems, or, from inexperience, believes itself to be less strong than it is. The broad rule is that a State conquers what it can, and stops only when it reaches a frontier at which some other State or States can exert a pressure as strong as its own. Great Britain has not acquired Afghanistan, because Russia is as powerful there as the British are ; Napoleon sold Louisiana to the United States because it was impossible for him to defend it; and so on. So far as intrinsic forces are concerned, every State tends to become world-wide. But the power of a State is to a greater or smaller extent geographical: it usually radiates from a centre, and grows less as the distance from the centre increases. Consequently, at a greater or smaller distance from the centre, its power is in equilibrium with that of some other State, and there the frontiers will be, unless the force of tradition interferes.

 出典: Power, 1938.

 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_060.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です