ラッセル『権力-その歴史と心理』第8章 経済的な権力 n.7


 一国家内における経済力(経済的権力)は,究極的には,法と世論(の支持)に由来するが,それは容易に一定の自立性を獲得する。一国家内の経済力(経済的権力)(例:個々の大企業や経済団体)は,贈収賄(汚職)によって法に影響を及ぼすことができるし,宜伝によって世論に影響を及ぼすこともできる。(また)一国家内の経済力(経済的権力)は,政治家たちの自由を阻害する債務(obligations)を彼ら(政治家たち)に負わせることもできる(注:みすず書房刊の東宮訳では「政治家の自由に干渉する★義務を彼らに追わせることもできる」となっている/ここでは政治家を「借金漬けにして支配下に置くことを言っている)。それは,財政上の危機を引きおこすぞと威嚇することもできる。しかし,それ(一国家内における経済力(経済的権力))がやり遂げることができることにはきわめて明瞭な(力の)限界がある。シーザーは却って債権者(資金を提供してくれた人たち)に助けられて権力を得たが(was helped to power by),債権者たちはシーザーが(権力獲得に)成功しなければ返済の希望がないと思っていた。しかし,シーザーは(権力獲得に)成功すると,彼は債権者たちを無視するほど強力になった(強力になり債権者たちを無視した)。シャルル五世(フランス王)は皇帝の地位を買収するのに必要な金をフッガー家から借りたが,皇帝になるとフッガー家を無視して(snapped his fingers at),フッガー家の人々は貸した金を失ってしまった(原注参照)。シティ・オブ・ロンドン(ロンドンの金融街)も,今日,(第一次世界大戦後の)ドイツの復興を援助してこれと似た経験をした。ティッセン(注:Fritz Thyssen, 1873-1951:ドイツ最大の鉄鋼トラストの会長で,国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の最大のパトロン)もヒットラーの政権獲得を援助して,同様の経験をしている。

(* 原注:フッガ一家(の人々)は,決してハプスブルク家の借り手に抵抗することができなかった。フッガー家が金を貸した相手は,シャルル五世だけでなく,彼に貸す前に皇帝マキシミリアンに,彼に貸した後にスペイン系ハプスブルク家の子孫に金を貸した。『フッガー(家)ニューズレター』の序文には,こう書かれている。「少なくとも四百万ダカット金貨を(ハプスブルク系の)スペインの王たちはフッガー家から借りたが,まったく返済しなかった。たとえ,西方と東方のハプスブルク家との商取引から生じる損失は八百万フローリンにのぼると見積もっても(注:accrue from 生じる/if = even if),過大評価ではない。・・・。もし彼ら(フッガー家)が存在しなければ,ドイツにおける宗教改革は,おそらく何の抵抗も受けずに勝利したであろう。このフッガー家の最も有能な人々は,一世紀に渡って努力した。しかし(それにもかかわらず),同家(注:貸し手)の多くの後継者たちに残されたものは,法外なほど高価な羊皮紙の山と,二重にも三重にも抵当に入った不動産だけであった)(注:つまり,抵当権がいっぱいついていたので、そんなものがいくらあっても処分できないのでどうしようもなかった,ということ)。

Chapter VIII: Economic Power, n.7

Economic power within a State, although ultimately derived from law and public opinion, easily acquires a certain independence. It can influence law by corruption and public opinion by propaganda. It can put politicians under obligations which interfere with their freedom. It can threaten to cause a financial crisis. But there are very definite limits to what it can achieve. Caesar was helped to power by his creditors, who saw no hope of repayment except through his success; but when he had succeeded he was powerful enough to defy them. Charles V borrowed from the Fuggers the money required to buy the position of Emperor, but when he had become Emperor he snapped his fingers at them and they lost what they had lent (* see note). The City of London, in our own day, has had a similar experience in helping German recovery ; and so has Thyssen in helping to put Hitler into power.

(note: The Fuggers never could resist a Habsburg borrower. They lent money, not only to Charles V, but to the Emperor Maximilian before him, and to his Spanish descendants after him. The Introduction to the Fugger News Letters says: “At least four million ducats had been borrowed from the Fuggers by the Spanish kings and never repaid, and it is not exaggeration if the losses accruing from their business transactions with the Hapsburgs (Habsburgs) in the west and east are estimated at eight million florins…. But for them (the Fuggers) the Reformation in Germany would probably have triumphed without opposition. The most capable members of this House strove for a century, but nothing remained to their innumerable heirs but an inordinately costly pile of parchments and heavily mortgaged landed property.)
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER08_070.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です