ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.29


 経済学においてむきだしの権力が演ずる役割は,マルクスの影響がまだ働いていなかった頃に考えられていたよりも,もっとずっと大きい。若干の事例(場合)において,このことは明らかである。

(たとえば)追はぎがその犠牲者(餌食)から奪い取る戦利品(分捕品)や征服者が敗戦国民から奪い取る戦利品(分捕品)は,明らかにむきだしの権力の問題である。奴隷制度(slavery)も,奴隷が長い習慣から(離れて)黙従しない場合には,そうである(むきだしの権力の問題である)【注:from 離れて/abesent from home 不在で; The town is 3 miles from here 町はここから3マイル離れたところにある。】。

 支払いをする人が怒っているにもかかわらず,(義務として)支払いがなされなければならないのであれば,その支払いはむきだしの権力によって強要されることになる(強制されることになる)。

 そのような怒りは二種類の場合に存在する。一つは,その支払いが慣例になっていない場合であり,もう一つは,見解(ものの見方)の変化から,慣例であるものが不正だと考えられるようになった場合である。以前は,男は,自分の妻の財産を完全に支配していたが,女権拡張運動の結果,この慣習に反逆が起こり,それは法律の改正へと導いた。また以前は,雇傭者は被雇用者の事故に何の責任(義務)も持たなかった。この点においても感情に変化が起き,法律の改正がもたらされた。この種の事例は数え切らないほどある。

Chapter 6: Naked Power, n.29

The part played by naked power in economics is much greater than it was thought to be before the influence of Marx had become operative. In certain cases, this is obvious. The booty extracted by a highwayman from his victim, or by a conqueror from a vanquished nation, is obviously a matter of naked power. So is slavery, when the slave does not acquiesce from long habit. A payment is extorted by naked power, if it has to be made in spite of the indignation of the person making it. Such indignation exists in two classes of cases : where the payment is not customary, and where, owing to a change of outlook, what is customary has come to be thought unjust. Formerly, a man had complete control of the property of his wife, but the feminist movement caused a revolt against this custom, which led to a change in the law. Formerly, employers had no liability for accidents to their employees ; here, also, sentiment changed, and brought about an alteration in the law. Examples of this kind are innumerable.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_290.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です