ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.16


 アガソクレスは,援軍が必要と感じて,キュレネ(注:Cyrene:現リビア領内にあった古代ギリシアの都市)に使節(団)を送った。当時のキュレネは,プトレミー一世(注:アレキサンダー大王の死後,エジプトを支配。天動説のプトレマイオスとは別人)の支配下のもと,アレクサンダー(大王)の指揮官の一人のオフェラスによって守られていた(was held by)。使節(団)は次のように言うように指示を受けていた。即ち,オフェラスの支援によってカルタゴを破ることができること,自分(アガソクレス)の望みはシシリーにおける安心安全だけであること,(従って)アフリカに対しては野心は何も持っていないこと,(アガソクレスとオフェラスが)共同で為しとげたアフリカでの征服地は全てオフェラスの取り分となること。このような申し出に動かされて,オフェラスは,自分の軍隊を率いて沙漠を越え,非常に苦労した後、アガソクレス(軍)との合流を成し遂げた(effected a junction with ~との連結を成し遂げた)。そこでただちに(thereupon),アガソクレスはオフェラスを殺害し,彼はオフェラスの軍隊に対して,もしお前たちが助かりたいと思うならば,今は亡きお前たちの指揮官オフエラスを殺害したアガソクレス(私)の下で,仕える他はないと指摘した(言い渡した)。

 彼(アガソクレス)は,その後,ユーティカ(Utica)を包囲し,-ユーティカには敵に気づかれずに到着したが- 戦場で300人の敵兵を捕まえて捕虜にし,彼らを自軍の包囲陣(siege engines)の前線に貼り付けたので(bound to),ユーティカ人たちは自分たちの身を守るために同胞の人々を殺さなければならなかった。この企ては成功したが,彼の立場は困難なものであり,自分の息子のアルカガサスが自分の軍隊の中に不満をかき立てているのではないかと恐れる理由があったので,なおさら困難であった。そうして,アガソクレスは密かにシシリー(シチリア)に逃げもどったが,(アガソクレスの)軍隊は彼の軍隊放棄に怒り,(息子の)アルカガサスともう一人の息子を殺してしまった。これによってアガソクレスは怒りまくり,暴動に加わった軍隊に属する兵士と少しでも関係のある,シラクサの老若男女を皆殺しにしてしまった。

Chapter VI: Naked Power, n.16

Agathocles, feeling the need of reinforcements, sent envoys to Cyrene, which was at that time held, under Ptolemy, by Ophelas, one of Alexander’s captains. The envoys were instructed to say that, with the help of Ophelas, Carthage could be destroyed; that Agathocles wished only to be secure in Sicily, and had no African ambitions ; and that all their joint conquests in Africa should be the share of Ophelas. Tempted by these offers, Ophelas marched across the desert with his army, and after great hardship effected a junction with Agathocles. Agathocles thereupon murdered him, and pointed out to his army that their only hope of safety was to take service under the murderer of their late commander.

He then besieged Utica, where, arriving unexpectedly, he captured three hundred prisoners in the fields; these he bound to the front of his siege engines, so that the Uticans, to defend themselves, had to kill their own people. Although successful in this enterprise, his position was difficult, the more so as he had reason to fear that his son Archagathus was stirring up disaffection in the army. So he fled secretly back to Sicily, and the army, in fury at his desertion, murdered both Archagathus and his other son. This so enraged him that he killed every man, woman, and child in Syracuse that was related to any soldier in the mutinous army.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_160.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です