ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.7


 あらゆる人が繁栄することが可能であるかぎり,伝統の力の弱体化は,害よりもむしろ益をもたらした。それは,ギリシア人の間において,かつて起こった(なかで)文明の最も急速な進歩へと導いた。ただし,もしかすると,最近の四世紀間(注:16C半ば~20C半ば)は除外しなければいけないかもしれない。古代ギリシアの芸術と科学と哲学の自由は,迷信にさまたげられない繁栄の時代の自由(注:繁栄があって初めて確保された自由)であった。しかし,古代ギリシアの社会機構は,不幸に抗するのに必要な強靭さを持ち合わせておらず,また個人は,有徳であることがもはや成功をもたらさなくなった時に(も)破滅的な罪悪を犯すことをさけるのに必要な道徳的規準を持っていなかった。度重なる一連の戦争は,自由人の数を減少させ,逆に奴隷の数を増加させた。ギリシア本土はついにマケドニアの支配下に落ちた一方,古代ギリシア(時代)のシシリーは,しだいに数を増してゆく暴力革命や内戦や専制政治にもかかわらず,カルタゴの権力と戦い,次には古代ローマの権力と戦い続けた。シラクサの専制政体は注目に値する。その理由は一つには,シラクサの専制政体はむきだしの権力の最も完全な実例(の数々)を提供しているからであり,また,この専制政体がプラトンに影響を及ぼし,プラトンはディオニシオス兄(シラクサの僭主)と喧嘩をし,ディオニアンオス弟を弟子にしようとしたからである。後期ギリシア及びそれに続く全ての時代の古代ギリシアの僭主一般に対する見方は,主として,(プラトンなどの)哲学者たちとディオ二シオス兄及び彼を継いでシラクサの失政を行なった後継者たちとの不幸な接触によって影響されたものである。

Chapter VI: Naked Power, n.7

So long as it was possible for everybody to be prosperous, the weakening of tradition did more good than harm. It led, among the Greeks, to the most rapid advance in civilization that has ever occurred –with the possible exception of the last four centuries. The freedom of Greek art and science and philosophy is that of a prosperous age unhampered by superstition. But the social structure had not the toughness required to resist misfortune, and individuals had not the moral standards necessary for the avoidance of disastrous crimes when virtue could no longer bring success. A long series of wars diminished the free population and increased the number of slaves. Greece proper finally fell under the dominion of Macedonia, while Hellenic Sicily, in spite of increasingly violent revolutions, civil wars, and tyrannies, continued to struggle against the power of Carthage, and then of Rome. The Syracusan tyrannies deserve our attention, both because they afford one of the most perfect examples of naked power, and because they influenced Plato, who quarrelled with the elder Dionysius and endeavoured to make a pupil of the younger. The views of later Greeks, and of all subsequent ages, on Greek tyrants in general, were largely influenced by the unfortunate contacts of the philosophers with Dionysius the elder and his successors in Syracusan misgovernment.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_070.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です