ラッセル『権力-その歴史と心理』第6章 むきだしの権力 n.3


 むきだしの権力は - 外国による征服に服従したがそれは最近のことではない共同体の内政において (not lately submitted)- 次のような二つの異なる状況の時に現れる(生ずる)。

 第一は,二つ以上の狂信的な信条が雌雄を争っている状況(場合)。第二は,伝統的信念が廃れ,これを継ぐ新しい信念もなく,従って個人の野心を制限をするものが何も存在しない状況(場合)。

 前者の種類の場合は,(権力のむきだし性という点で)純粋のものとは言えない。支配的な信条を固守する人々は,むきだしの権力には従わないからである。これについては,次章で,革命的な権力という見出しの下に考察することとする。今のところ,第二の種類に場合だけにとどめよう。

 むきだしの権力についての定義は心理的なものであり,また(しかも),政府は,被支配者の一部に対してはむきだしであるが,それ以外の被支配者に対してはむきだしではないかもしれれない。私の知っている(剥き出しの権力の)最も完全な例は,外国の征服は別として(除外して),後期古代ギリシアの専制政治及びルネッサンス期のイタリアにおける諸国家(注:イタリアは統一されるまで小さな国家群にわかれていた。)のうちのいくつかの国家(の例)である。

Chapter VI: Naked Power, n.3

Naked power, in the internal government of a community not lately submitted to foreign conquest, arises in two different sets of circumstances : first, where two or more fanatical creeds are contending for mastery; secondly, where all traditional beliefs have decayed, without being succeeded by new ones, so that there are no limitations to personal ambition. The former kind of case is not pure, since the adherents of the dominant creed are not subject to naked power. I shall consider it in the next chapter, under the head of revolutionary power. For the present I shall confine myself to the second kind of case.
The definition of naked power is psychological, and a government may be naked in relation to some of its subjects but not in relation to others. The most complete examples known to me, apart from foreign conquest, are the later Greek tyrannies an
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER06_030.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です