ラッセル『権力-その歴史と心理』第4章 聖職者の権力 n.20


 西口ーマ帝国の滅亡から十六世紀の末にかけての全期間は,二つの伝統の争い(の期間)として見てよいであろう。(即ち)一つはローマ帝国の伝統であり,もう一つはゲルマン民族(ドイツ民族)の貴族政治の伝統であり,前者はカトリック教会によって具現化されており,後者は国家によって具現化されている。神聖ローマ帝国皇帝は,代々(ゲルマン民族の貴族政治の伝統に)ローマ帝国の伝統を付け加えようとしたが失敗した。彼ら(皇帝たち)自身は,フリードリッヒ二世を例外にして,皆あまりにも無知であったのでローマ帝国の伝統を理解できず,彼らがよく知っていた封建制度という政治的制度は,ゲルマン民族の伝統であった。教養のある(教育を受けた)人々 -この中には皇帝に仕えた人々も含まれる- の言語(言葉)は,古代の言語(言葉)に由来する衒学的なものであった。(また)法律はローマのものであり,哲学はギリシアのものであった。しかし,起源がゲルマン民族(チュートン)の慣習は,礼儀正しいスピーチの中で言及できるものではなかった。そこには,今日の古典学者がラテン語で近代産業の過程(発展過程)を記述する際に見出す困難と同様の困難が存在していた。宗教改革及びラテン語のかわりの現代語の採用によって初めて,西欧文明におけるゲルマン民族(チュートンの)要素は,十分な文学的及び知的な表現を見出したのである。

Chapter IV: Priestly Power, n.20

The whole of the period from the fall of the Western Empire to the end of the sixteenth century may be viewed as a contest between two traditions : that of imperial Rome, and that of Teutonic aristocracy, the former embodied in the Church, the latter in the State. The Holy Roman Emperors made an attempt to annex the tradition of imperial Rome, but failed. They themselves, with the exception of Frederick II, were too ignorant to understand the Roman tradition, while the political institution of feudalism, with which they were familiar, was Germanic. The language of educated men –including those who served the Emperors– was pedantically derived from antiquity; law was Roman, philosophy was Greek, but the customs which were Teutonic in origin were not such as could be mentioned in polite speech. There was the same sort of difficulty as a classical scholar of the present day would find in describing in Latin the processes of modern industry. It was not until the Reformation and the adoption of modern languages in place of Latin that the Teutonic element in the civilization of Western Europe found adequate literary and intellectual expression.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER04_200.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です