ラッセル『権力-その歴史と心理』第4章 聖職者(僧侶)の権力 n.11


 西暦一千年以後,予想された世界の終わり(注:キリスト教の終末思想)が(西暦1000年に)起こらなかったことがわかると,文明の急速な進歩が起こった。(キリスト教世界の)スペイン及びシシリー(島)のムーア人との接触は,スコラ哲学(注:11世紀以降に西方教会のキリスト教神学者・哲学者等によって確立された学問スタイル。 このスコラ学の方法論にのっとった哲学・神学をスコラ哲学・スコラ神学などと呼んでいる。)の勃興を促した。ノルマン人は,何世紀にもわたって,単なる海賊を働く災難のもと(a mere piratical scourge)であったが,フランスとシシリーで,当時の世界が教える全ての知識を獲得し,無秩序のかわりに,秩序と宗教のための一つの強い勢力(一大勢力)となった。さらに,彼らノルマン人は,自分たちの征服(注:1066年の Norman Conquest など)を合法化(正当化)するために,教皇の権威は役立つことに気づいた。イングランド(英国)は,教会に関する限り(ecclesiastical England),ノルマン人によって,初めて,完全にローマ(帝国)の支配下に入った。一方,神聖ローマ皇帝とフランス王は,自分たちの家臣を支配する(抑える)のに最大限の困難を感じていた。グレゴリウス七世(ヒルデブランド/ローマ教皇)の政治的手腕及び無慈悲な精力によって教皇権の増大を開始したのはそういった状況においてであり,それが次の二世紀の間,即ち12~13世紀を通じて続くこととなったのである(注:1077年にグレゴリウス七世は,神聖ローマ皇帝ハインリッヒを破門して,カノッサの屈辱で屈服させた)。この時期は聖職者(僧侶)の権力の最高の例を与えているので,ある程度詳しく考察してみよう。

Chapter IV: Priestly Power, n.11

After the year 1000, when it was found that the expected end of the world had not taken place, there was a rapid advance in civilization. Contact with the Moors in Spain and Sicily hastened the rise of the scholastic philosophy. The Normans, after being for centuries a mere piratical scourge, acquired, in France and Sicily, whatever the contemporary world had to teach, and became a force for order and religion instead of for disorder ; moreover they found papal authority useful for the purpose of legitimizing their conquests. By them, for the first time, ecclesiastical England was brought completely under the dominion of Rome. Meanwhile, both the Emperor and the King of France were having the greatest difficulty in controlling their vassals. It was in these circumstances that the statesmans and ruthless energy of Gregory VII (Hildebrand) inaugurated the increase of the papal power which continued throughout the next two centuries. As this period affords the supreme example of priestly power, I shall consider it in some detail.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER04_110.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です