ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.16


 我々は既に奇妙な事実に気づいている(言及している)。それは,今日、知識は,以前のいかなる時代よりも,文明において大きな役割を果しているけれども,その新しい知識を持っている人々の間で,それに対応する権力の増大はまったく存在してこなかったという事実である。電気工(the electrician)や電話交換手(the telephone man)が我々にとって快適な(あるいは不快な)役に立つ不思議なことをするからといって,我々は彼らを祈祷師だとは思わないし,あるいはまた,もしこのような人々を我々が困らせると彼らは雷雨を起こすことができるとも想像しない。その理由は,科学的知識は難解であっても神秘的なものではなく,必要な労をとりたいと思う(労をとることを厭わない)全ての人々に開かれたものだからである。それゆえ,現代(近代)の知識人は,(人々に)畏敬の念を起こさせず(inspires no awe),単なる一被雇用者にとどまっている(のである)。カンタベリー大僧正のような2,3の例外を除いて,現代(近代)の知識人は,自分たちより以前の知識人に権力を与えてくれた魅力(glamour)を受継ぐことができなかったのである。

Chapter III: The Forms of Power, n.16

We have already noted the curious fact that, although knowledge plays a larger part in civilization now than at any former time, there has not been any corresponding growth of power among those who possess the new knowledge. Although the electrician and the telephone man do strange things that minister to our comfort (or discomfort), we do not regard them as medicine-men, or imagine that they can cause thunderstorms if we annoy them. The reason for this is that scientific knowledge, though difficult, is not mysterious, but open to all who care to take the necessary trouble. The modern intellectual, therefore, inspires no awe, but remains a mere employee; except in a few cases, such as the Archbishop of Canterbury, he has failed to inherit the glamour which gave power to his predecessors.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_160.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です