ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.11


 傭兵(金で雇われる兵士)や海賊の首領は,いわゆる「科学的」な歴史家が考えている以上に歴史上の重要人物の一つの典型(タイプ)である。こうしたタイプは,時折,ナポレオンのように,自分をある程度非個人的な目的を持った人々からなる組織の指導者にすることに成功する。フランス市民革命軍は,自分たちはヨーロッパの解放者だと考えており,また,彼らは,イタリアにおいても西部ドイツの多くの人たち同様にそう見られていたが,ナポレオン自身は自分の出世に役立つと思われるもの以上の解放は,いかなるものももたらさなかった。このような場合,非個人的な目的というよぅなみせかけがまったくないことも多い。(マケドニアの)アレクサンダー大王は(始めは),東方をギリシア化する仕事に着手したかもしれない。しかし彼に従ったマケドニア人までがナポレオンの遠征(his campaigns)が持つそうした一面に特に関心を寄せていたかどうかは疑わしい。ローマの将軍たちは(も),ローマ共和国の終りの百年間は,主として,金を求めて努力しており,土地や財宝を分配することによって,部下の忠誠を確保していた。セシル・ローズ(1853-1902:アフリカのナポレオンと呼称された英国の政治家で,1890年に英国首相となった。)は大英帝国に対する神秘主義的な信仰を公言していた。しかし,その信仰は,(彼に)十分な配当金(dividends)を与え,彼が(南口ーデシアの)マタベレランド征服のために雇い入れた騎兵たちも,赤裸々に,金銭的な餌(inducements 誘引物)が提供された(のである)。組織化された食欲(さ)が,ほとんど,あるいは,まったく偽装されることなく,世界の戦争において,非常に大きな役割を果たしてきたのである。

Chapter II: Leaders and followers, n.11

The soldier of fortune, or pirate chief, is a type of more importance in history than is thought by “scientific” historians. Sometimes, like Napoleon, he succeeds in making himself the leader of bodies of men who have purposes that are in part impersonal: the French revolutionary armies conceived of themselves as the liberators of Europe, and were so regarded in Italy as well as by many in Western Germany, but Napoleon himself never brought any more liberation than seemed useful for his own career. Very often there is no pretence of impersonal aims. Alexander may have set to work to hellenize the East, but it is doubtful whether his Macedonians were much interested in this aspect of his campaigns. Roman generals, during the last hundred years of the Republic, were mainly out for cash, and secured their soldier’s loyalty by distributions of land and treasure. Cecil Rhodes professed a mystical belief in the British Empire, but the belief yielded good dividends, and the troopers whom he engaged for the conquest of Matabeleland were offered nakedly pecuniary inducements. Organized greed, with little or no disguise, has played a very large part in the world’s wars.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_110.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です