ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.9


 歴史上知られている最も有能な指導者のなかには,革命状態の時に立ち上がった者がいた。ここでしばらく,クロムウェルナポレオン及びレーニンに成功をもたらした(人間の)特質について考えてみよう。三人とも,困難な時代において,それぞれ自国を支配し,生まれつき(本質的に)従属的ではない有能な人々の自発的な支援を確保した。三人とも限りない勇気と自信をもち,それとともに,同僚たちが困難な時期における健全な判断と考えるものを併せてもっていた。けれども,三人のうち,クロムウェルとレーニンはある型に属し,ナポレオンは他の型に属している。即ち,クロムウェルとレーニンはとても深い宗教的信念をもった人間であり,自分(たち)は非人間的な目的のために任命された聖職者であると信じていた。こうして,彼らの権力衝動は,彼らには疑う余地がなく正しいものであると思われ,宇宙的な目的との一体感と調和させることができない贅沢や安楽といった権力の報酬は,ほとんど気にかけなかった。このことは,特にレーニンにあてはまる。というのは,クロムウェルは,晩年には,自分が(これらの)罪に陥っていることに気づいていたからである。にもかかわらず,両者(レーニン及びクロムウェル)の場合において,かれらに勇気を与え,彼らに従う者たちに彼らのリーダーシップに対する信頼を吹き込むことを可能にしたのは,(彼らの)信念と偉大な能力との組み合わせであった。

Some of the ablest leaders known to history have arisen in revolutionary situations. Let us consider, for a moment, the qualities which brought success to Cromwell, Napoleon, and Lenin. All three, in difficult times, dominated their respective countries, and secured the willing service of able men who were not by nature submissive. All three had boundless courage and self-confidence, combined with what their colleagues considered sound judgment at difficult moments. Of the three, however, Cromwell and Lenin belonged to one type, and Napoleon to another. Cromwell and Lenin were men of profound religious faith, believing themselves to be the appointed ministers of a non-human purpose. Their power-impulses thus seemed to themselves indubitably righteous, and they cared little for those rewards of power — such as luxury and ease — which could not be harmonized with their identification with the cosmic purpose. This is specially true of Lenin, for Cromwell, in his last years, was conscious of falling into sin. Nevertheless, in both cases it was the combination of faith with great ability that gave them courage, and enabled them to inspire their followers with confidence in their leadership.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です