ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.4


 権力愛は,種々の限定された形(態)で,(世間に)ほとんど普遍的に存在しているが,その絶対的な形(態では,稀にしか存在していない。家政の切り盛りに力を発揮することを楽しんでいる婦人(女性)も,総理大臣が享受する政泊的権力のようなもの(権力)に対しては尻込みしそうである。これとは反対に,リンカーンは合衆国を治めることには躊蹄しなかったが,家庭内のごたごたに面と向うことができなかった(注:civil war in the home 小文字の civil war であることに注意)。ナポレオンも,「ベレロフォン号」が難破したら,ボートで逃げるようとの英国の士官たち(船長や機関士など)の命令に,もしかすると(perhaps),おとなしく従ったかもしれない。人は,当該の仕事を扱う自分の能力を信ずる限り,権力(をふるうこと)を好むが,自分が無能力だと理解すれば,むしろ指導者に従う方を好む(ものである)。

Chapter II: Leaders and followers, n.4

Love of power, in various limited forms, is almost universal, but in its absolute form it is rare. A woman who enjoys power in the management of her house is likely to shrink from the sort of political power enjoyed by a Prime Minister; Abraham Lincoln, on the contrary, while not afraid to govern the United States, could not face civil war in the home. Perhaps Napoleon, if the Bellerophon had suffered shipwreck, would have tamely obeyed the orders of British officers as to escaping in boats. Men like power so long as they believe in their own competence to handle the business in question, but when they know themselves incompetent they prefer to follow a leader.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_040.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です