ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者n.1


 権力衝動には二つの型がある指導者においては衝動がはっきりとあらわれており,追従者にはこっそりとしか現れていない。人々が進んで指導者に従う時には,彼ら追従者はその指導者の支配している集団のカで権力を獲得しようと期待して従うのであり,指導者の勝利を自分たちの勝利と感ずるのである。大部分の人は,自分たちの属する集団を勝利に導いてゆくのに必要な能力があるとは感じていない。それゆえ,彼らは,覇権(支配権)を達成するのに必要な勇気と賢明さをもった大物(captain)を探し出すのである。宗教においても,こういった衝動は現われている。ニーチェはキリスト教は奴隷道徳を教えこんでいると糾弾した。しかし,究極の勝利が常にキリスト教の目標であった。「心弱き者は幸いなり。彼らは地を受け継ぐであろうからである。」 あるいは有名な讃美歌にもそれについてさらにはっきりと述べられている。
(参照:https://www.nishikobe-kyokai.or.jp/sound/21-535words.htm
 この訳を採用させていただきました。)

正義の主イエスに 従いゆき,
血に染む御旗に 続くは誰。
苦き杯も 迷わず受け,
十字架を担いて 従う者

 もしこれが(ニーチェの言う)奴隷道徳ならば,戦闘の厳しさを耐える運命の兵士も,選挙運動(electioneering)で一生懸命活動する陣笠代議士(rank-and file politician 一兵卒の)も,すべて奴隷と見られなければならない。しかし,事実(実際のところ),真に協力的な仕事の場合には,心理的にいって,指導者と全く同様に,追従者も決して奴隷ではない。
 これこそが,組織化というものが不可避のものとする権力の不平等を耐えることをできるさせるのであり,そうして,権力の不平等は,社会がより有機的になるにつれて,減少するどころかむしろ増加してゆく傾向があるのである。

Chapter II: Leaders and followers, n.1

The Power impulse has two forms: explicit, in leaders; implicit, in their followers. When men willingly follow a leader, they do so with a view to the acquisition of power by the group which he commands, and they feel that his triumphs are theirs. Most men do not feel in themselves the competence required for leading their group to victory, and therefore seek out a captain who appears to possess the courage and sagacity necessary for the achievement of supremacy. Even in religion this impulse appears. Nietzsche accused Christianity of inculcating a slave-morality, but ultimate triumph was always the goal. “Blessed are the meek, for they shall inherit the earth.” Or as a well-known hymn more explicitly states it :

The Son of God goes forth to war,
A kingly crown to gain.
His blood-red banner streams afar.
Who follows in His train?

Who best can drink his cup of woe,
Triumphant over pain,
Who patient bears his cross below,
He follows in His train.

If this is a slave-morality, then every soldier of fortune who endures the rigours of a campaign, and every rank-and-file politician who works hard at electioneering, is to be accounted a slave. But in fact, in every genuinely cooperative enterprise, the follower is psychologically no more a slave than the leader.

It is this that makes endurable the inequalities of power which organization makes inevitable, and which tend to increase rather than diminish as society grows more organic.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です