ラッセル『権力-その歴史と心理』第一章 n.6


 本書のなかで,私は社会科学の根本概念は「権力」であることを証明したいと思っている(be concerned to prove 証明することに関心を持っている)。それは「エネルギー」が物理学の根本概念であるのと同じ意味でのことである。エネルギーと同様に権力には多くの形態がある。たとえば,富とか,軍備とか,文官の権力(や権威)(civil authority )とか,世論に及ぼす影響力といったものである。これらいずれの権力も他のいずれの権力に従属していると見ることはできず,また他の権力がある権力から派生するということもない。一つの形態の権力だけを,たとえば富という権力(だけ)を,孤立して扱おうとする試みは部分的にしかうまくいかない。それは,他の形態のエネルギーも考慮に入れなければ,一つの形態のエネルギーの研究(調査)(だけ)では何らかの点で欠点が出てくるだろうというのと丁度同じである。富が軍事力から出てくることもあれば,世論に及ぼす影響力から生れてくることもある。それはまたちょうど,軍事力や世論に及ぼす影響力のいずれも富から出てくることがあるのと同じである。社会力学の法則は,権力(一般)という観点(見地)から,のみ述べることができるものであって,特定の(あれこれの)権力形態の観点によってのべることができるものではない。昔は,軍事力は孤立して考えられており,その結果,(戦闘の)勝敗は司令官(指揮官)がたまたま有している(偶然の)資質に依存すると思われていた。今日では,経済力が他の種類の権力の源泉として考えるのが普通である。これは,純粋な軍事史家を時代遅れと思わせた彼らの(犯した)誤りと全く同じ誤りである、と私は(強く)主張する。さらに(again)(政治)宣伝が権力の根本的な形態だとする人もいる。これは決して新説ではない。(ラテン語の)「真理は偉大にして,また,広まるものなり(magna est veritas et praevalebit) 」とか,「殉教者の流す血は教会の種(教会を生む種子)である」といった古風な諺にも,はっきりと表現されている。それは軍事的な観点や経済的な観点とほぼ同程度(同量)の真理及び誤謬を含んでいる。政治宣伝は,もしほぼ異議のない(ほぼ満場一致の)世論をつくり出すことができれば,それは誰も抵抗することのできないほどのカを生み出すことができる。しかし,軍事力や経済力を持っている者は,もし選ぶとすれば,軍事力あるいは経済力を政治宣伝のために用いることができる。物理学のアナロジー(類推)にもどろう。(つまり)権力も,エネルギーと同様に,絶えずある形態から任意の別の形態へと移ってゆくものとして見なければならず,そういった変形の法則を探求することが社会科学の仕事でなければならない。ある形態の権力だけを分離させる試みは,今日,特に経済力という形態のみを分離して考えることは,実際上,非常に重要な誤りを犯す源となる。

Chapter 1: The Impulse to Power, n.6

In the course of this book I shall be concerned to prove that the fundamental concept in social science is Power, in the same sense in which Energy is the fundamental concept in physics. Like energy, power has many forms, such as wealth, armaments, ,civil authority, influence on opinion. No one of these can be regarded as subordinate to any other, and there is no one form from which the others are derivative. The attempt to treat one form of power, say wealth, in isolation, can only be partially successful, just as the study of one form of energy will be defective at certain points, unless other forms are taken into account. Wealth may result from military power or from influence over opinion, just as either of these may result from wealth. The laws of social dynamics are laws which can only be stated in terms of power, not in terms of this or that form of power. In former times, military power was isolated, with the consequence that victory or defeat appeared to depend upon the accidental qualities of commanders. In our day, it is common to treat economic power as the source from which all other kinds are derived; this, I shall contend, is just as great an error as that of the purely military historians whom it has caused to seem out of date. Again, there are those who regard propaganda as the fundamental form of power. This is by no means a new opinion; it is embodied in such traditional sayings as
magna est veritas et praevalebit and “the blood of the martyrs is the seed of the Church.” It has about the same measure of truth and falsehood as the military view or the economic view. Propaganda, if it can create an almost unanimous opinion, can generate an irresistible power; but those who have military or economic control can, if they choose, use it for the purpose of propaganda. To revert to the analogy of physics: power, like energy, must be regarded as continually passing from any one of its forms into any other, and it should be the business of social science to seek the laws of such transformations. The attempt to isolate any one form of power, more especially, in our day, the economic form, has been, and still is, a source of errors of great practical importance.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER01_060.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です