ラッセル『結婚論』第二十一章 結論 n.10


 第二十一章 結論 n.10: 幼年期に受け入れた道徳の影響力の強大さ

 現代世界には,因習的な教えに対する多種多様な度合いの反抗が見受けられる。その中で最もありふれたものは,若い時に教えられた道徳の倫理的真実を知的には認める者の反抗である。しかし,彼は,自分はその道徳に従って生きていく(liv up to it)ほど英雄的ではない,と多かれ少なかれ,見せかけの悔恨(unreal regret)とともに告白する(のである)。このような人については,何も言うべきこと(弁護の余地)はほとんどはない。彼は,実践と信念(信条)とが調和するような具合に,実践かあるいは信念のどちらかを改めると良いだろう。

 次にくるのは(次によくあるのは),意識的な理性は,子供部屋(in the nursery 保育室/育児室)で学んだ多くのことを捨てているのに,無意識では,まだそれを全体的に受け入れている人である。そういう人は,何か強い情緒,特に恐怖に襲われると,突然,行動方針(line of conduct)を変えるだろう。重い病気にかかったり,地震に見舞われたりすると,幼時期の信念(信じていたこと)が急によみがえってきて(as the result of an uprush of infantile beliefs.),その結果,彼は悔い改め,知的な確信(理性的な考え)を捨てるかもしれない。普段においてさえ,彼の行動は抑制されているだろうし,その抑制は望ましくない形をとるかもしれない(可能性がある)。その抑制は,伝統的な道徳が非難するようなやり方で彼がふるまうのを妨げはしないが,心の底からそうするのは妨げるだろうことから,そのようにして(thus その結果),彼の行為を価値あるものとしている要素がいくらか失われるだろう。新しい道徳律を古い道徳律に代替させることは,新しい道徳を我々の意識的思考を構成する最上層で受け入れるだけでなく,全人格で受け入れないかぎり,完全に満足すべきものには決してなりえない(のである)。大部分の人にとって,もし,彼らが幼年時代を通して古い道徳にさらされてきたのであるならば,これは非常に困難なことである。それゆえ,新しい道徳は,それを年少者の教育(早期の教育)に適用されるまで,公正に判断することは不可能である。

Chapter 21: Conclusion, n.10

One finds in the modern world various different degrees of revolt against conventional teaching. The commonest of all is the revolt of the man who intellectually acknowledges the ethical truth of the morality he was taught in youth, but confesses with a more or less unreal regret that he is not sufficiently heroic to live up to it. For such a man there is little to be said. It would be better that he should alter either his practice or his beliefs in such a way as to bring harmony between them. Next comes the man whose conscious reason has rejected much that he learnt in the nursery, but whose unconscious still accepts it in its entirety. Such a man will suddenly change his line of conduct under the stress of any strong emotion, especially fear. A serious illness or an earthquake may cause him to repent and to abandon his intellectual convictions as the result of an uprush of infantile beliefs. Even at ordinary times his behaviour will be inhibited, and the inhibitions may take an undesirable form. They will not prevent him from acting in ways that are condemned by traditional morals, but they will prevent him from doing so in a wholehearted way, and will thus eliminate from his actions some of the elements that would have given them value. The substitution of a new moral code for the old one can never be completely satisfactory, unless the new one is accepted with the whole personality, not only with that top layer which constitutes our conscious thought. To most people this is very difficult if throughout their early years they have been exposed to the old morality. It is therefore impossible to judge a new morality fairly until it has been applied in early education.
 出典: Marriage and Morals, 1929.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM21-100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です