ラッセル『結婚論』第二十一章 結論 n.9


 第二十一章 結論 n.9:

 これらの一般的な考察は,特に有効に,性的衝動にあてはまる。なぜなら,一つには,性的衝動は非常に強いものであるから,また一つには,伝統的な道徳が性的衝動を特別な関心事としてきたからである。大部分の伝統的道徳家は,我々の性的衝動を厳しく抑制しなければ,我々は,つまらなく,無政府的で,粗野なものになる,と考えているらしい。こうした見解は,幼児の頃から日常的に(ふだんに)抑制(注:usual inhibitions 岩波文庫の安藤訳では「おきまりの抑制」と訳出されている。)を身につけ,その後それを無視しようとしてきた人びとを観察することから生じたものだ,と私は信じている。しかし,こういう人びとの場合,幼いころの抑制は,抑制に失敗した時でさえ,やはり働いている(作用している)いる(のである)。

 良心と呼ばれるもの,即ち,子供の頃に学んだ道徳的な教えを,理性を働かせることなく,多かれ少なかれ無意識的に受け入れたもののために,人びとはいまだ,慣習が禁じたものはなんでも悪いことであると感じている。そして,知的にはそうではないと確信しているにもかかわらず,この感情は存続することがある(可能性がある)。このようにして,この感情は,分裂した人格を生み出す。本能と理性はもはやともに手を取り合って歩むことはなく,本能はつまらないものになり,理性は貧血症(anaemic = anamic 貧血症の;無気力な)を起こす

Chapter 21: Conclusion, n.9

These general considerations apply with peculiar force to sexual impulses, both because of their great strength and because of the fact that traditional morality has made them its peculiar concern. Most traditional moralists appear to think that, if our sexual impulses were not severely checked, they would become trivial, anarchic, and gross. I believe this view to be derived from observation of those who have acquired the usual inhibitions from their early years, and have subsequently attempted to ignore them. But in such men the early prohibitions are still operative even when they do not succeed in prohibiting. What is called conscience, that is to say, the unreasoning and more or less unconscious acceptance of precepts learnt in early youth, causes men still to feel that whatever the conventions prohibit is wrong, and this feeling may persist in spite of intellectual convictions to the contrary. It thus produces a personality divided against itself, one in which instinct and reason no longer go hand in hand, but instinct has become trivial and reason has become anaemic.
 出典: Marriage and Morals, 1929.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM21-090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です