ラッセル『結婚論』第二十章 人間の価値の中の性の位置 n.10


 第二十章 人間の価値の中の性の位置 n.10:

 権力は,また,この語を最も広い意味で理解すれば(注:「(様々な)力への欲求」というような広い意味にとれば),大部分の政治的活動の動機となる。私は,偉大な政治家は(権力欲求が主であって)公共の福祉に無関心であると言おうとしているのではない(言うつもりはない)。それどころか,偉大な政治家とは親としての感情が(自分の子ども以外にも)広く拡散している人であると信じている。しかし,かなりの権力愛をも持っていない限り,政治的な企てに成功するのに必要な努力を続けることはできないだろう。私は,公共の仕事(public affairs 公務)にたずさわっている高潔な人(高貴な志を持っている人)をたくさん知っている。しかし,彼らにかなりの個人的な野心がないかぎり,彼らが目的とする善を達成するだけのエネルギー持っていることはめったになかった。
 ある重要な機会に,エイブラハム・リンカーンは,頑強に反対する二人の上院議員に向かって演説をしたが,その始めと終わりに,「私は合衆国の大統領であり,偉大な権力を付与されている」という言葉を使った。リンカーンがこの事実を主張することに多少の喜びを覚えたことは,まず疑う余地がない。政治全体を通して,良きにつけ悪しきにつけ,主要な二つの力は,経済的な動機と権力愛である。フロイトの路線に従って政治を(性的な意味合いで)解釈しようとする試みは誤りである,と私には思われる。

Chapter XX: The Place of Sex among Human Values, n.10

Power is also the motive to most political activity, understanding this word in its widest sense. I do not mean to suggest that a great statesman is indifferent to the public welfare ; on the contrary, I believe him to be a man in whom parental feeling has become widely diffused. But unless he has also a considerable love of power he will fail to sustain the labours necessary for success in a political enterprise. I have known many high-minded men in public affairs, but unless they had an appreciable dose of personal ambition they seldom had the energy to accomplish the good at which they aimed. On a certain crucial occasion, Abraham Lincoln made a speech to two recalcitrant senators, beginning and ending with the words: “I am the President of the United States, clothed with great power.” It can hardly be questioned that he found some pleasure in asserting this fact. Throughout all politics, both for good and for evil, the two chief forces are the economic motive and the love of power; an attempt to interpret politics on Freudian lines is, to my mind, a mistake.
 出典: Marriage and Morals, 1929.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM20-100.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です