ラッセル『結婚論』第九章 人生における恋愛の位置 n.5


第九章 人生における恋愛の位置 n.5: 愛は男女の自我の堅い壁を打ち壊す

 恋愛は,性交への欲求よりもはるかに上のものである。恋愛は,生涯の大部分を通じて,大部分の男女を苦しめる孤独から逃れる主な手段である。大部分の人たちには,冷たい世間や,ありうる群衆の残酷さに対する根深い恐怖が存在している。(また同時に,)愛情への熱望(あこがれ)もある。それは,男性の場合には,しばしば,乱暴,がさつ,またはいばり散らす態度に隠され,女性の場合には,ぶつぶつ小言を言ったり,がみがみ言ったりする態度に隠されている。(男女)相互の情熱的な愛(情)は,それが続くかぎり,このような感情を消滅させる。相互の情熱的な愛は,自我の堅い壁を打ち壊し,二人が一つに解けあった新しい人格を産み出す。自然は,人間が孤独でいるようには作っていない。人間は,もう一人(異性)の支援なしには,自然の生物学的な目的を果たすことができないからである。そうして,文明人は,愛なくしては,自らの性本能を完全に満足させることができない。肉体的(身体的)だけでなく,精神的な,人間の全存在が男女の関係の中に入っていかない限り,この本能は完全には満足されないのである。

Chapter IX: The place of love in human life, n.5

Love is something far more than desire for sexual intercourse; it is the principal means of escape from the loneliness which afflicts most men and women throughout the greater part of their lives. There is a deep-seated fear, in most people, of the cold world and the possible cruelty of the herd ; there is a longing for affection, which is often concealed by roughness, boorishness or a bullying manner in men, and by nagging and scolding in women. Passionate mutual love while it lasts puts an end to this feeling ; it breaks down the hard walls of the ego, producing a new being composed of two in one. Nature did not construct human beings to stand alone, since they cannot fulfil her biological purpose except with the help of another ; and civilized people cannot fully satisfy their sexual instinct without love. The instinct is not completely satisfied unless a man’s whole being, mental quite as much as.physical, enters into the relation.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM09-050.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です