ラッセル『結婚論』第八章 性知識に関するタブー, n.15


第八章 性知識に関するタブー, n.15:ポルノグラフィー(猥褻文書)の発禁

 これらの命題(主張)の第一の点について言えば,英国において,ロード・キャンベル法を行使した歴史(the history of the use)によって十分に立証(確立)されている。ロード・キャンベル法は,それに関する討論を読めば誰もが気づくように,もっぱらポルノグラフィー(猥褻文書)の発禁を意図したものであり(注:これは単なる事実),当時は,その他のタイプの文学には適用できないように起草されたもの(書かれたもの)と考えられていた(注:これは関係者がそう思っていただけのこと)。しかし,こうした信念(思い込み)は,警察官の頭のよさ(狡猾さ)治安判事の頭の悪さ(愚かさ)を十分に認識しなかったことに基づくものであった。検閲の問題は,すべて,モリス・アーンストとウィリアム・シーダルの著書の中で,見事に扱われている。(注:『純潔な人たちに』バイキング社,1928年刊)二人は,イギリスの経験とアメリカの経験をともに扱い,さらに,両国以外で行われた閲にも簡単に触れている。

 経験の教えるところでは,特に英国の演劇の場合は,色情(lust)をそそることを目的とした軽薄な劇が,堅苦しい人間だと思われたくない検閲官(the sensor)の目を簡単にパスする(合格する)のに対して,『ウォレン夫人の職業』のような大きな問題点(論点)を提起するまじめな劇が検閲官に合格とされるまでに長い年月がかかり,『チェンチ家』のような卓絶した詩的価値のある劇が,聖アントニウスにさえ色欲をかき立てるような言葉は一つも含んでいないのに,大法官の男性的な心情に引き起こした嫌悪感を克服するのに百年も要した(のである)。
それゆえ,我々は,膨大な歴史的証拠に基づいて,検閲はまじめな芸術的あるいは科学的な価値のある著作を禁止するために行使されるのに対して,純粋に好色であることを目的とする人たちは常に法の網をくぐる道を発見する,と断言してよいだろう

Chapter VIII: The Taboo on sex knowledge, n.15

As regards the first of these theses, it is abundantly established by the history of the use which has been made of Lord Campbell’s Act in England. Lord Campbel1’s Act, as anyone may discover by reading the debates on it, was directed solely to the suppression of pornography, and it was thought at the time that it had been so drafted as to be incapable of use against other types of literature. This belief, however, was based upon an insufficient appreciation of the cleverness of policemen and the stupidity of magistrates. The whole subject of the censorship has been admirably treated in a book by Morris Ernst and William Seagle. (note: To the Pure, Viking Press, I928.) They deal with both British and American experience, and more briefly with what has been done elsewhere. Experience shows, especially in the case of the dramatic censorship in England, that frivolous plays calculated to excite lust easily pass the censor, who does not wish to be thought a prig, while serious plays which raise large issues, such as Mrs. Warren’s Profession, take many years to get past the censor, and a play of transcendent poetical merit like The Cenci, although there is not a word in it that could excite lust even in St. Anthony, required one hundred years to overcome the disgust which it raised in the manly bosom of the Lord Chamberlain. We may therefore, basing ourselves on a mass of historical evidence, lay it down that the censorship will be used against works of serious artistic or scientific merit, while persons whose purpose is purely salacious will always find ways of slipping through the meshes of the law.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM08-170.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です