精神と一片の物質とはともに(順序を有した)事象の集まり


 もし私が(今)言っていることが正しければ,精神と脳(物質)との相違は,それらを構成する素材にあるのではなく,素材のまとめ方にある精神と一片の物質とはともに事象群(事象の集まり),あるいはむしろ事象群の系列(注:順序を有した事象の集まり)と考えられるべきである。一定の精神を構成するようにまとめられた諸事象は,私の理論(説)によれば,それらに対応する(物質としての)脳となるようにまとめられた諸事象とまったく同じである。あるいは,それらは脳を構成する諸事象の一部である,というのがもっと正しい(適切な)言い方だろう。重要な点は,精神(心)と脳(注:物)との相違は,質の相違でなくて配列の相違だということである。それは,郵便局のディレクトリー(住所氏名録)においてなされている(ところの),住民の地理的順序による配列とアルファベット順による配列との相違に似ている。同じ人(住民)が2つの場合(方式)で配列されるが,それらは全く違った脈絡(文脈)においてである。同様に,視覚の,物理学に対する脈絡(文脈)は,物理的であり,それ(その文脈)は脳の外にある。後戻りすれば,それはあなたを(物理的な)眼のところへつれてゆき,次に光子のところへつれてゆき,次にいくらか遠いところにある対象における量子遷移へと連れてゆく。視覚の,心理学に対する脈絡(文脈)は全く異なっている。たとえば,視覚があなたが破産したことを告げる電報の視覚(電報をあなたが見ること)であるとしてみよう。多くの事象があなたの心の中で心理学的因果法則に従って起るだろう。そうして,あなたが頭の毛をかきむしったり,大声をだして泣き叫ぶような純粋に物理的結果がおこる前に,長い時間が経過するであろう。

If what I am saying is correct, the difference between mind and brain does not consist in the raw material of which they are composed, but in the manner of grouping. A mind and a piece of matter alike are to be considered as groups of events, or rather series of groups of events. The events that are grouped to make a given mind are, according to my theory, the very same events that are grouped to make its brain. Or perhaps it would be more correct to say that they are some of the events that make the brain. The important point is, that the difference between mind and brain is not a difference of quality, but a difference of arrangement. It is like the difference between arranging people in geographical order or in alphabetical order, both of which are done in the post office directory. The same people are arranged in both cases, but in quite different contexts. In like manner the context of a visual sensation for physics is physical, and outside the brain. Going backward, it takes you to the eye, and thence to a photon and thence to a quantum transition in some distant object. The context of the visual sensation for psychology is quite different. Suppose, for example, the visual sensation is that of a telegram saying that you are ruined. A number of events will take place in your mind in accordance with the laws of psychological causation, and it may be quite a long time before there is any purely physical effect, such as tearing your hair, or exclaiming “Woe is me!”
出典:Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter150.HTM

<寸言>
外界から刺激を受けてその情報を脳で処理する時の微細な電流(パルス)の流れや【脳細胞間での)メッセージ物質の発射・受取の様子を電子顕微鏡やMRIなどで見ると、ラッセルの言うことが実感できるのではないか?
NHKの人体シリーズの「脳」を見た方は同意見だろうと思われるが、問題はそれでは終わらない。自然科学は客観的だと言っても、つきつめれば、そういった(正確だとされっる)情報やデータも、間違いやすい個々人が処理したものだということをよく考える必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です