避けられない不幸に時間と感情を浪費しない


 賢い人間--防げる不幸を座視することはしないが--避けられない不幸に時間と感情を浪費することもしないだろう。また、それ自体’避けられる不幸’でさえ、もしそれを避けるために必要な時間と労力が、何らかのより重要な目的の追求の妨げになるようであれば、進んでその不幸を甘受するだろう。

The wise man, though he will not sit down under preventable misfortunes, will not waste time and emotion upon such as are unavoidable, and even such as are in themselves avoidable he will submit to if the time and labour required to avoid them would interfere with the pursuit of some more important object.
出典: The Conquest of Happiness, 1930, chap. 16: Effort and Resignation.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA27-040.HTM

<寸言>
 避けられる不幸なのか,避けられない不幸なのか,判断が難しい場合は少なくない。
自力解決を簡単にあきらめるのもよくないが,自分に力がないのを理解せずにむやみにジタバタするのも知恵がない
避けられない不幸だと判断可能な場合,あるいは少なくとも現時点では抵抗できないと思ったら,無駄なエネルギーを使わない方がよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です