子どもをペットのようにかわいがるのはよくない


kodomo_oet 子供を支配する権力よりも純粋に子供の幸せを望む親は,何をするべきで,何をするべきでないかについて述べている精神分析の教科書は必要なく,衝動によって正しく導かれることだろう。そして,その場合には,親子関係は,最初から最後まで調和しており,子供には反抗心はおきないし,親には挫折感をもたらさないだろう。しかし,そのためには,親の側に最初から子供の人格に対する尊重の念が必要となり,その尊重は,道徳的であれ知的であれ,単に原則の問題ではなく,所有欲と抑圧がまったく不可能になるまで,ほとんど神秘的な確信をもって深く感じられるものでなくてはならない。

The parent who genuinely desires the child’s welfare more than his or her power over the child will not need textbooks on psycho-analysis to say what should and what should not be done, but will be guided aright by impulse. And in that case the relation of parent and child will be harmonious from first to last, causing no rebellion in the child and no feeling of frustration in the parent. But this demands on the part of the parent from the first a respect for the personality of the child – a respect which must be not merely a matter of principle, whether moral or intellectual, but something deeply felt with almost mystical conviction to such a degree that possessiveness and oppression become utterly impossible.
出典:ラッセル『幸福論』第13章「家族」
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA24-090.HTM

<寸言>
子どもをペットのようにかわいがる親がけっこういる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です