(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA24-090)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 13(The Family)   Contents (総目次)
 親であることの喜びの根源は,二重にある。一方では,自分自身の肉体の一部(注:受精によって精子と卵子が受精したもの)が外在化し,自分の肉体の死を越えて生命を延ばしていき,そして,おそらく,今度はその一部を同じようにして外在化し,そのようにして遺伝子(生殖質)の不滅が確保されるという感覚がある(これが喜びの根源のひとつ)。他方では,権力と優しさの密接に交じり合ったものがある(これがもう一つの喜びの根源)。生まれたばかりの赤ん坊は無力なので,赤ん坊が必要とする物を与えたいという衝動がある。その衝動は,親の子供に対する愛情だけではなく,親の権力欲(支配欲)をも満足させるものである。赤ん坊が無力だと感じられる間は,赤ん坊に注がれる愛情は,利他的なものとは感じられない。なぜなら,その愛情は,自分自身の傷つきやすい部分(自分自身の分身)に対する保護といった性質を帯びるからである。けれども,非常に早い時期から,親の権力欲と子供の幸福を願う気持ちとの間に葛藤が生じる。というのは,子供に対する権力はある程度まで道理(自然の理)によって定められるものであるが,にもかかわらず子供ができるだけ早くかつできるだけ多くの面で自立することを学ぶのはやはり望ましいことであり,そしてそれ(自立を学ぶこと)は親の中にある権力衝動にとっては愉快なことではないからである。一部の親は,ついにこの葛藤を意識するに至らず,子供たちが反抗できるようになるまで暴君であり続ける。けれども,別の親たちは,この葛藤を意識するようになり,自分が葛藤する感情の'とりこ'(←餌食)になっているのを発見する。この葛藤の中で,彼らの親としての幸せは失われる。子供に対しいろいろ世話をしたにもかかわらず(いろいろ子供の世話を焼いた挙句に),子供は,自分たちが望んできたものとはまるで違った人間になっているのを発見しくやしく思う。親は,子供が軍人になることを望んでいたが,子供は平和主義者になっているとか,トルストイのように,親は子供が平和主義者になることを望んだが,子供は「黒百人組」Black Hundredsに加わっているとか,である。しかし,'難しさ'が感じられるのは,ただ単にこのような後の成長(子供→大人)においてのみではない。もしも,あなた(親)が,すでに自分だけで食事ができる幼児に食べさせてあげるとしたら,あなたは'子供の幸せ'よりも(親としての)'権力愛'を優先していることになる。たとえ,子供のことを思いやって,子供の面倒(煩わしさ)を省いてあげているだけなのにと,あなたが思っていてもである。もしも,子供に,必要以上に鮮明に危険を意識させるならば,あなたは,多分,子供を'自分に依存させておきたいという欲求'によって動かされているのである。もしも,子供に慎みのない愛情を与えて'お返し'を期待するならば,あなたは,多分,子供の感情を利用して子供を自分に繋ぎ止めておこうと努力しているのである。親の所有衝動は,親がよほど用心深いか,あるいは,心が非常に純粋でないかぎり,大小いろいろな方法で,親に道を踏み迷わせる。現代の親は,こうした危険に気づいており,時々子供の扱いに自信を失い,そのために,自然発生的な誤りを犯すのにまかせた場合よりも,よりいっそう子供の役に立つことができなくなる。なぜなら,大人の側に確信と自信がないことくらい,子供の心に,多くの心配を引き起こすものはないからである。それゆえ,用心深いよりも,心が純粋であるほうがよい。子供を支配する権力よりも純粋に子供の幸せを望む親は,何をするべきで,何をするべきでないかについて述べている精神分析の教科書は必要なく,'衝動'によって正しく導かれることだろう。そして,その場合には,親子関係は,最初から最後まで調和しており,子供には反抗心はおきないし,親には挫折感をもたらさないだろう。しかし,そのためには,親の側に最初から子供の人格に対する尊重の念が必要となり,その尊重は,道徳的であれ知的であれ,単に原則の問題ではなく,'所有欲'と'抑圧'がまったく不可能になるまで,ほとんど'神秘的な確信'をもって深く感じられるものでなくてはならない。もちろん,この種の態度が望ましいのは,子供に対してのみではない。それは,結婚においても,また友情においても,大いに必要である。ただし,友情においては,それはあまり難しいことではないが。良い世界にあっては,この態度は,人間集団間の政治的な関係にまで浸透していくだろう。ただし,これは,遠い将来の希望なので,いつまでも関わる必要はないだろう。しかし,この種の優しさの必要は普遍的なものではあるが,特に必要なのは子供に関する場合である。なぜなら,子供は無力であり,体が小さく力が弱いために,'粗野な人たち(←粗野な精神)'に子供を軽蔑する心を起こさせるからである。





The primitive root of the pleasure of parenthood is twofold. On the one hand there is the feeling of part of one's own body externalised, prolonging its life beyond the death of the rest of one's body, and possibly in its turn externalising part of itself in the same fashion, and so securing the immortality of the germ-plasm. On the other hand there is an intimate blend of power and tenderness. The new creature is helpless, and there is an impulse to supply its needs, an impulse which gratifies not only the parent's love towards the child, but also the parent's desire for power. So long as the infant is felt to be helpless, the affection which is bestowed upon it does not feel unselfish, since it is in the nature of protection to a vulnerable portion of oneself. But from a very early age there comes to be a conflict between love of parental power and desire for the child's good, for, while power over the child is to a certain extent decreed by the nature of things, it is nevertheless desirable that the child should as soon as possible learn to be independent in as many ways as possible, which is unpleasant to the power impulse in a parent. Some parents never become conscious of this conflict, and remain tyrants until the children are in a position to rebel. Others, however, become conscious of it, and thus find themselves a prey to conflicting emotions. In this conflict their parental happiness is lost. After all the care that they have bestowed on the child, they find to their mortification that he turns out quite different from what they had hoped. They wanted him to be a soldier, and they find him a pacifist, or, like Tolstoy, they wanted him to be a pacifist, and he joins the Black Hundreds. But it is not only in these later developments that the difficulty is felt. If you feed an infant who is already capable of feeding himself, you are putting love of power before the child's welfare, although it seems to you that you are only being kind in saving him trouble. If you make him too vividly aware of dangers, you are probably actuated by a desire to keep him dependent upon you. If you give him demonstrative affection to which you expect a response, you are probably endeavouring to grapple him to you by means of his emotions. In a thousand ways, great and small, the possessive impulse of parents will lead them astray, unless they are very watchful or very pure in heart. Modern parents, aware of these dangers, sometimes lose confidence in handling their children, and become therefore even less able to be of use to them than if they permitted themselves spontaneous mistakes, fot nothing causes so much worry in a child's mind as lack of certainty and self-confidence on the part of an adult. Better than being careful, therefore, is to be pure in heart. The parent who genuinely desires the child's welfare more than his or her power over the child will not need textbooks on psycho-analysis to say what should and what should not be done, but will be guided aright by impulse. And in that case the relation of parent and child will be harmonious from first to last, causing no rebellion in the child and no feeling of frustration in the parent. But this demands on the part of the parent from the first a respect for the personality of the child - a respect which must be not merely a matter of principle, whether moral or intellectual, but something deeply felt with almost mystical conviction to such a degree that possessiveness and oppression become utterly impossible. It is of course not only towards children that an attitude of this sort is desirable: it is very necessary in marriage, and in friendship also, though in friendship it is less difficult. In a good world it would pervade the political relations between groups of human beings, though this is so distant a hope that we need not linger over it. But universal as is the need for this kind of gentleness, it is needed most of all where children are concerned, because of their helplessness, and because their small size and feeble strength cause vulgar souls to despise them.
* 下イラスト:第20回「ラッセルを読む会」案内状から

(掲載日:2006.06.23/更新日:2010.5.10)