学びたいという自発的な願望を「教育の推進力」とすべきである


undo-noryoku_hatttu 歩いたり話したりしようとする努力において示されているように,正常な子供が皆持っている’学びたいという自発的な願望’が,教育の’推進力‘とならなければならない。この推進力を’むち’に代替させたことは,現代の大きな進歩の一つである。

The spontaneous wish to learn, which every normal child possesses, as shown in its efforts to walk and talk, should be the driving-force in education. The substitution of this driving-force for the rod is one of the great advances of our time.
出典:On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 1:Postulates of modern educational theory.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE01-120.HTM

<寸言>
aikoku-yochien 自分が幸福であれば,他人に対しても親切になれるというのが通常の姿であろう。しかし,個人の幸福よりも,「国家に役立つ人間をつくること」が教育の第一の目標になると,結果として,不幸な人間を大量に生み出すことになりかねない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です