「人気のない意見」でも公言する勇気


BRAINS-B 私たちの日常活動の大部分は,協調的であるべきであり,協調は本能的な基礎を持っていなければならないにもかかわらず,私たちは皆,自分が特によく知っている事柄については自力で考えられるようになるべきであり,また,自分が大切だと信じている場合には,たとえ人気のない意見でも公言する勇気をもっているべきである。

The bulk of our ordinary activities must be co-operative, and co-operation must have an instinctive basis. Nevertheless, we should all learn to be able to think for ourselves about matters that are particularly well known to us, and we ought all to have acquired the courage to proclaim unpopular opinions when we believe them to be important.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 2: The Aims of Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE02-220.HTM

[寸言]
どうってことない,常識的な発言ですが,「人気のない意見」(世間の常識とは異なる意見)の場合は、言うのはやめておこうと黙ってしまうのが普通ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です