(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 2(第2章) Index  Contents(目次)

第一部 教育の理想
 第2章 教育の目的(承前:OE02-220)


 特に例外的でない境遇にある人の生活においては,あいまいに'集団本能'と呼ばれるものの支配する領域が大きく,集団本能が浸透していない領域は小さいと,私には思われる。その小さい領域は,その人が特殊な能力を有している分野を含んでいるはずである。私たちは,他人が皆褒めるのでなければ,(個々の)女性を褒めることができないような男性をよく思わない。妻を選ぶ時には,男性は自主的な感情に導かれるべきであり,社会感情の(単なる)反映であってはならない,と私たちは考える。一般の人間についての判断が隣人の判断と一致したとしてもまったく問題ないが,恋愛をした場合には,自主的な感情に導かれるべきである。他の方面についても,ほぼ同様なことが言える。農民は,自分が耕作している土地(田畑)の生産能力については,自分自身の判断に従うべきである。ただし,その判断は,彼が科学的農業の知識を得たあとでなされなければならない。経済学者は,通貨問題については独自の判断を持つべきであるが,一般人は(通貨問題の)権威者に従ったほうがよい。(即ち)特別な能力があるところには,常に独立の精神があるべきである。しかし,人間は,世間から距離を保つために,全身の針を逆立てるハリネズミのような存在になるべきではない。私たちの日常活動の大部分は,協調的であるべきであり,協調は本能的な基礎を持っていなければならない。にもかかわらず,私たちは皆,自分が特によく知っている事柄については自力で考えられるようになるべきであり,また,自分が大切だと信じている場合には,たとえ人気のない意見でも公言する勇気をもっているべきである。こういう大まかな原則を特殊な場合に適用するのは,当然,難しいかもしれない。しかし,本章で考察している美徳を人びとが一般に持っているような世界では,それは現在ほど難しくはないだろう。たとえば,そのような世界では,聖人が迫害されるようなことはないだろう。善良な人は憤慨したり,自意識過剰になることはないだろう。彼の善良さは,自分の衝動に従うことから出てくるだろうし,また,本能的な幸福と結びつくことだろう。彼の隣人たちは,彼を憎まないだろう。なぜかと言うと,彼らは彼を怖がらないからである。先覚者が憎まれるのは,彼らが恐怖感をかき立てるせいであるが,この種の恐怖は勇気を身に着けた人には存在しないだろう。恐怖に支配されている人だけが,クー・クラックス・クランや,ファシスト党(イタリアのムッソリーニが組織した極右的国家主義団体)に加わるだろう。勇気ある人びとから成る世界には,そうした'迫害のための組織'は存在しえないだろうし,また,善い生活のために,現在ほど本能に抵抗する必要はなくなるだろう。善い世界は,ただ恐怖を持たない人びとによってのみ創造され維持される。しかし,彼らがこの仕事に成功すればするほど,ますます勇気を発揮する機会は少なくなるだろう。

 

Chap. 2 The Aims of Education

I think that in the life of a man whose circumstances are not very exceptional there should be a large sphere where what is vaguely termed herd instinct dominates, and a small sphere into which it does not penetrate. The small sphere should contain the region of his special competence. We think ill of a man who cannot admire a woman unless everybody else also admires her: we think that in the choice of a wife a man should be guided by his own independent feelings, not be a reflection of the feelings of his society. It is no matter if his judgements of people in general agree with those of his neighbours, but when he falls in love he ought to be guided by his own independent feelings. Much the same thing applies in other directions. A farmer should follow his own judgement as to the capacities of the fields which he cultivates himself, though his judgement should be formed after acquiring a knowledge of scientific agriculture. An economist should form an independent judgement on currency questions, but an ordinary mortal had better follow authority. Wherever there is special competence, there should be independence. But a man should not make himself into a kind of hedgehog, all bristles to keep the world at a distance. The bulk of our ordinary activities must be co-operative, and co-operation must have an instinctive basis. Nevertheless, we should all learn to be able to think for ourselves about matters that are particularly well known to us, and we ought all to have acquired the courage to proclaim unpopular opinions when we believe them to be important. The application of these broad principles in special cases may, of course, be difficult. But it will be less difficult than it is at present in a world where men commonly have the virtues we have been considering in this chapter. The persecuted saint, for instance, would not exist in such a world. The good man would have no occasion to bristle and become self-conscious; his goodness would result from following his impulses, and would be combined with instinctive happiness. His neighbours would not hate him, because they would not fear him; the hatred of pioneers is due to the terror they inspire, and this terror would not exist among men who had acquired courage. Only a man dominated by fear would join the Ku Klux Klan or the Fascisti. In a world of brave men, such persecuting organisations could not exist, and the good life would involve far less resistance to instinct than it does at present. The good world can only be created and sustained by fearless men, but the more they succeed in their task the fewer occasions there will be for the exercise of their courage.

(掲載日:2007.09.07 更新日:)