H. G. ウェルズの弱点ー大衆におもねることもあり・・・


 H. G. ウェルズ(1866- 1946)は,ある種のいくつかの性質で非常に優れていたことは認めなければならないけれども,彼は自分の重要性を質(的なもの)よりも量(的なもの)から引き出した。彼は,たとえば『(SF小説)世界戦争』でみせたように異常な状況下における大衆の行動を想像することにおいて非常に長けていた。彼は,いくつかの小説のなかで,彼自身に似ていなくもない英雄たちを説得力をもって描写している。政治においては,彼は,英国において社会主義を恥ずかしくないもの(立派なもの)にした一人であった。彼は政治に関してだけでなく,個人的倫理においても,彼の次の世代に非常に大きな影響を与えた。彼の知識は,どこにも深いものはなかったが,とても幅広いものであった。けれども,彼の聖人としての地位をいくらか妨げたある種の弱点を彼は持っていた。不人気を耐えがたく思い,大衆の叫びによく譲歩したが,それは彼の教えの首尾一貫性を阻害した。彼は群集に共感を持ち,それによって彼は群衆の時折のヒステリー(群集心理)を共有しがちであった。不道徳や不信心の非難によって悩まされた時には,そのような非難に反駁することを目的としたやや二流の物語をよく書いた。たとえば,『ある(カトリック)司教の魂』や,夫婦喧嘩を始め,それをやめるためにラブラドール地方(注:Labrador カナダの大西洋岸にある地域のこと?)で冬を過ごし,熊との共同の戦いによって和解する夫婦の物語のようなものである。彼の死の直前,彼に最後に会った時,彼は,左翼の分裂によって起こった害について,きわめて熱心に話した。彼ははっきりとは言わなかったが,社会主義者は現状よりも共産主義者と協力すべきだと考えているように、私は推測した。これは,彼が元気だった彼の全盛時代の見解ではなかった。彼は,全盛時代には,マルクスのあご髭をよくからかい,人々に新しいマルクス主義の正統的教義を採用しないように熱心に勧めていた,

Wells derived his importance from quantity rather than quality, though one must admit that he excelled in certain qualities. He was very good at imagining mass behavior in unusual circumstances, for example in The War of the Worlds. Some of his novels depict convincingly heroes not unlike himself. Politically, he was one of those who made Socialism respectable in England. He had a very considerable influence upon the generation that followed him, not only as regards politics but also as regards matters of personal ethics. His knowledge, though nowhere profound, was very extensive. He had, however, certain weaknesses which somewhat interfered with his position as a sage. He found unpopularity very hard to endure, and would make concessions to popular clamor which interfered with the consistency of his teaching. He had a sympathy with the masses which made him liable to share their occasional hysterias. When he was worried by accusations of immorality or infidelity, he would write somewhat second-rate stories designed to rebut such charges, such as The Soul of a Bishop or the story of the husband and wife who are beginning to quarrel and, to stop this process, spend the winter in Labrador and are reconciled by a common fight against a bear. The last time I saw him, which was shortly before his death, he spoke with great earnestness of the harm done by divisions on the Left, and I gathered, though he did not explicitly say so, that he thought Socialists ought to cooperate with Communists more than they were doing. This had not been his view in the heyday of his vigor, when he used to make fun of Marx’s beard and exhort people not to adopt the new Marxist orthodoxy.
出典: H. G. Wells, 1953.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1037_WELLS-050.HTM

<寸言>
大衆から孤立したくないので大衆におもねることも時々してしまう人間の弱さが H. G. ウェルズにもあったということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です