ラッセルの哲学 概観と手引 09


 哲学的議論が「勧告」(熱心な勧め)から成るという事実は、ラッセルの書くものの持つ格式張らない味わい(informal flavour )や、 彼の考え(ideas 思想)の様々な人気のある(例などを使っての)説明(popular illustrations 評判のよいわかりやすい説明/解説) -そこに批評家達は矛盾を見出すが- の多くを説明する。 それはまるで、ラッセルが「もし、その言い方(説明の仕方)が納得できないならば、恐らく、こう言えば納得できるだろう」と読者に言っているかのようである。*1
*1 リンゼイがカントについて同様な発言をしたことに注意するのは恐らく興味深いことであろう。)
 ラッセルが哲学について上記のような見解に50年以上も前に到達して以来(since)、久しくそれは忘れられていて(忘れられるための時間があり)、近年再び、あたかもそれらの見解がヴィットゲンシュタイン及びヴィトゲンシュタイン学派がなした新発見であるかのごとく、提示されている。(たとえば、最近出版された『現代イギリス哲学』 (Contemporary British Philosophy) の最新刊(第三巻)においてヴァイスマン博士はこう言っている。「哲学的問題が議論(論議)によって解決され、しかも、ただ論議をどのように運ぶべきかを知っていさえすれば決定的に解決されうる、という考えがある。・・・しかし、私は、「それは不可能である」という、新しくかつ幾分驚くべき結論に達しようとしている。いかなる哲学者もかつて何ごとも証明しなかった。 [なぜなら] 哲学的論議論は演繹的ではないからである。」*2
*2 上記で(先に)私は、確実な知識(certain knowledge)を求める彼の情熱によって触発されたものとして、ラッセルの哲学的方法の一部としてのオッカムの剃刀に言及した。これはラッセル自身がそれオッカムの剃刀)を用いる理由として述べたことである。「誤謬(誤り)におちいる機会を少なくするのがオッカムの剃刀のとりえである」)。*3
*3 『論理的原子論の哲学』(ラッセル(著)『論理と知識』所収)
 しかし、実はそれよりもずっと多くのことが含まれていたのである。我々は、ラッセルが自分自身の仕事を小さく見せるように述べる(過小評価する)習慣をもっていることに注意しなければならない

Summary and Introduction 09 The fact that philosophical argument consists of ‘exhortation’ accounts for much of the informal flavour of his writing, and the use of different popular illustrations of his ideas, in which critics can find contradictions. It is as though Russell were saying ‘if that way of putting it won’t convince you, perhaps this will’.*1 *1 Perhaps it is of interest to note that A. D. Lindsay made a similar remark about Kant.) Since Russell reached the above views on philosophy over fifty years ago, there has been time for them to be forgotten, and they have been presented again in recent years as though they were new discoveries due to Wittgenstein and his school. (For instance, Dr Waismann in the latest volume of Contemporary British Philosophy: “There is a notion that philosophical questions can be settled by argument, and conclusively if one only knew how to set about it…. I incline to come to a new and somewhat shocking conclusion: that the thing cannot be done. No philosopher has ever proved anything (because) philosophical arguments are not deductive.’)*2 *2 VOL.III, p.471 I have referred above to Occam’s Razor as a part of Russell’s philosophical method inspired by his passion for certain knowledge. This was how Russell himself justified its use. (“That is the advantage of Occam’s Razor, that it diminishes your risk of error.)*3 *3 Philosophy of Logical Atomism, in Logic and Knowledge But much more was involved than this; and we must beware of Russell’s habit of describing his own work in terms of belittlement.
Source: My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell.
More info.: https://russell-j.com/beginner/wood_br_summary-and-introduction_09.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です