ラッセル『私の哲学の発展』第18章 「批評に対する若干の返答」その3_ストローソン氏「指示について」n.05


 このことは、私をさらに別の論点に導く(This brings me to a further point.)。(即ち、)「赤」は通常はひとつの述語とみなされ、ひとつの普遍者を指示するものとみなされる。(しかし、)私は哲学的分析のためには「赤」がひとつの主語(a subject)であるような言語の方を好む。 そして、赤を普遍者と呼ぶことは明確な誤まり(a positive error)であるとは言わないものの(while)、そう呼ぶことは混乱を招くとは言いたい。このことはストローソン氏が私の(ラッセルの)「論理的に悲惨な結果を生む固有名理論」と言うところのものと関係している( 「マインド」誌の1956年10月号, p.39)。この理論をなぜ「論理的に悲惨な結果を生む」ものと考えるのかその理由を彼は示そうとしない(does not deign to mention)。将来なにかの機会に、この点について、私を啓発してくださることを期待する(注:皮肉)。  このことは、ストローソン氏が全体として意見が一致しているように見える多くの哲学者と私(自身)との間にある根本的な(意見の)相違(a fundamental divergence )へと(私を)導く。彼ら(ストローソン氏の同調者達)は、日常の話し言葉(common speech 日常言語)が日常生活にとってだけでなく、哲学にとっても十分である(十分役に立つ)と信じている。私は、逆に、日常言語は不明瞭かつ不正確に満ちており、精密(precise)で正確(accurate)であろうとすればどうしても日常言語の修正が、その語彙についてだけでなく、その構文(文法)についても要求される(必要である)と信じている。物理学や化学や医学がそれぞれ、日常生活のための言語でない(ところの)言語を必要とすることは誰もが認める。哲学だけがどうして同様な精密さと正確さを求める同様のアプローチ(接近の仕方)が禁止されるのか、私には理由がわからない。例として、日常の言葉で最も普通な語を一つとってみよう。それは 「日(day)」という語である。この語の最も威厳のある用法(august use)は旧約創世記の第一章と十戒とに見られる。神聖な安息「日」(Sabbath ‘day’ )を守りたいとする欲求は、正統派のユダヤ教徒をして、「日」という語に、日常言語(一般的な話し言葉)においては与えられていない精密さ(precision)を与えるように導いた。彼ら「日」を(ある)日没から次の日没までの期間と定義した(のである)。天文学者は、また別の理由で精密さを求め、(もう)3種類の日を定めた。真正太陽日(the true solar day)、平均太陽日(the mean solar day;)、恒星日(the sidereal day)の3種類である。これらはそれぞれちがった用途を持っている。 真太陽日は、点燈時間を考える時に適切である(訳注:夏あるいは冬は1日何時間電気をつける必要があるか)。平均太陽日は、罰金が納められずに14日間の禁錮刑を宣告された場合に適切である。恒星日は、(月の)潮汐が地球の自転速度を減ずる程度を見積る場合に適切である。こ れら4種類の日戒律上の日、真太陽日、平均太陽日、恒星日は全て「日」という語の目常的使用法より精密である。最近の一部の哲学者達が明らかに好んでいるように見える(ところの)精密さの禁止ということに、天文学者達が従わなければならないとしたなら、天文学全体が不可能となるであろう。  専門的(学術的)用途のために、日常生活のための言語とは異なる、専門的(学術的)言語は不可欠である。言語の新規性(linguistic noveltie)に反対する人々は、もし百五十年前に生きていたならば、フィートやオンスを固執し、センチメートルやグラムにはギロチンの香(かおり)がすると主張したであろう(訳注:そんなことをしたらギロチンの刑にあってしまう)。

Chapter 18,n.3: Mr Strawson on referring, n.5
This brings me to a further point. ‘Red’ is usually regarded as a predicate and as designating a universal. I prefer for purposes of philosophical analysis a language in which ‘red’ is a subject, and, while I should not say that it is a positive error to call it a universal, I should say that calling it so invites confusion. This is connected with what Mr Strawson calls my ‘logicallly disastrous theory of names’ (page 39). He does not deign to mention why he considers this theory ‘logically disastrous’. I hope that on some future occasion he will enlighten me on this point. This brings me to a fundamental divergence between myself and many philosophers with whom Mr Strawson appears to be in general agreement. They are persuaded that common speech is good enough, not only for daily life, but also for philosophy. I, on the contrary, am persuaded that common speech is full of vagueness and inaccuracy, and that any attempt to be precise and accurate requires modification of common speech both as regards vocabulary and as regards syntax. Everybody admits that physics and chemistry and medicine each require a language which is not that of everyday life. I fail to see why philosophy, alone, should be forbidden to make a similar approach towards precision and accuracy. Let us take, in illustration, one of the commonest words of everyday speech: namely, the word “day’. The most august use of this word is in the first chapter of Genesis and in the Ten Commandments. The desire to keep holy the Sabbath ‘day’ has led orthodox Jews to give a precision to the word ‘day’ which it does not have in common speech; they have defined it as the period from one sunset to the next. Astronomers, with other reasons for seeking precision, have three sorts of day: the true solar day; the mean solar day; and the sidereal day. These have different uses; the true solar day is relevant if you are considering lighting-up time; the mean solar day is relevant if you are sentenced to fourteen days without the option; and the sidereal day is relevant if you are trying to estimate the influence of the tides in retarding the earth’s rotation. All these four kinds of day — decalogical, true, mean, and sidereal — are more precise than the common use of the word ‘day’. If astronomers were subject to the prohibition of precision which some recent philosophers apparently favour, the whole science of astronomy would be impossible. For technical purposes, technical languages differing from those of daily life are indispensable. I feel that those who object to linguistic novelties, If they had lived a hundred and fifty years ago, would have stuck to feet and ounces, and would have maintained that centimetres and grammes savour of the guillotine.  Source: My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell, chapter XVIII   More info.: https://russell-j.com/BR_MPD_18-300.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。