宗教と科学』第1章 闘争の原因 n.3


 今日では,宗教的な人々は(も),中世時代に存在していたような(as it existed in the Middle Ages),キリスト教(徒)の教義(the creed of Christendom)のほとんどは不要であり,実際は,宗教的生活にとって単なる障害(物)にすぎないと感ずるようになっている。しかし,科学が遭遇した(キリスト教界の/キリスト教徒の)抵抗を理解しようと思うなら,そういった抵抗を合理的だと思わせた(キリスト教の)思想体系に,想像力を働かせて,入り込んでいかなければならない。ある者がある聖職者(priest 特にカトリックの司祭)に「なぜ殺人をしてはいけないのか」と尋ねたとしてみよう。「死刑(絞首刑)にされるだろうから」という答は不十分だと感じられたが,その理由は,死刑(絞首刑)には正当化(の理由)が必要であったからであると同時に,警察のやり方も心もとなかったので大部分の殺人者は(逮捕を)免れたからである。けれども,科学の台頭以前に,ほとんど全ての人たちにとって十分だと思われた答えがあった。即ち,殺人はシナイ山で神がモーゼに啓示(黙示)した十戒によって禁ぜられている(殺人は十戒によって禁じられており,それはシナイ山において神からモーゼに啓示(黙示)されたものである)という答えである。地上の裁き(justice 裁判)を免れた罪人も,神の激しい怒り(the Divine wrath)から逃れることは出来ず,神の激怒は悔い改めない殺人者に死刑(絞首刑)よりも恐ろしい終わりのない罰を命ずるものであった。けれども,こういった議論(argument 議論の論拠)は,聖書の権威に依存しており(かかっており),それは仮に聖書が全面的に受け入れられるとしたら,その時のみ損なわれることなく維持することができるものであった。聖書が地球は動かないと言っているように思われる場合には,たとえガリレオの議論(の論拠)があるにもかかわらず,聖書の主張に固執しなければならない。そうでないと,殺人やその他のあらゆる種類の悪人たち(malefactors)を激励する結果になるだろうからである(注:聖書は無謬ということになっているので,一つでの間違っていることになると,他のものも疑われることになる)。今日では,このような議論を受け入れる者はほとんどいないであろうが,それを馬鹿げたことだと見なすことは出来ないし,またそれ(その議論の論拠)にもとづいて行動する者を道徳的非難とともに眺めるべきでもないであろう。

Chapter 1: Grounds of Conflict, n.3
Religious men and women, in the present day, have come to feel that most of the creed of Christendom, as it existed in the Middle Ages, is unnecessary, and indeed a mere hindrance to the religious life. But if we are to understand the opposition which science encountered, we must enter imaginatively into the system of ideas which made such opposition seem reasonable. Suppose a man were to ask a priest why he should not commit murder. The answer “because you would be hanged ” was felt to be inadequate, both because the hanging would need justification, and because police methods were so uncertain that a large proportion of murderers escaped. There was, however, an answer which, before the rise of science, appeared satisfactory to almost everyone, namely, that murder is forbidden by the Ten Commandments, which were revealed by God to Moses on Mount Sinai. The criminal who eluded earthly justice could not escape from the Divine wrath, which had decreed for impenitent murderers a punishment infinitely more terrible than hanging. This argument, however, rests upon the authority of the Bible, which can only be maintained intact if the Bible is accepted as a whole. When the Bible seems to say that the earth does not move, we must adhere to this statement in spite of the arguments of Galileo, since otherwise we shall be giving encouragement to murderers and all other kinds of malefactors. Although, few would now accept this argument, it cannot be regarded as absurd, nor should those who acted upon it be viewed with moral reprobation.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 1.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_01-030.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。