第11章 組織体の生物学 n.17


 政党は,最近に至るまで,とても緩やかな組織(体)であり,そのメンバー(成員)の活動を統制しようとする試みはほとんどしてこなかった。19世紀全体を通して,国会議員はしばしば自分が所属している政党の指導者に反対票を投じており,その結果,(議会)採決の結果は今日よりもはるかに予知しがたいものであった。(注:みすず書房版の東宮訳では,「そのために議会「分野」の結果は今日・・・)となっており意味不明。divisions(採決) の意味をとりちがえたと思われる。)ウォルポールやノースや小ピットも,ある程度まで,賄賂(贈賄)によって自分の支持者をコントロールした。しかし,賄賂が減った後及び政治がまだ貴族的なものであった間は,政府も政党の指導者たちも効果的な圧力をかける方法がまったくなかった。今日(注:1938年頃),特に英国労働党においては党員は(労働党の)党是(orthodoxy 正説)に誓いをたてらされており,この誓いを守ることができないと,通常は,政治的な(政治家としての)失脚と財政的な損失の両方をもたらす(involves 伴う)。二種類の忠誠が要求される。(即ち)自分の意見を言う場合には党の綱領に対する忠誠が一つ;もう一つは,日々の行動における,自党の指導者に対する忠誠である。党の綱領は,名目的には民主的なやりかたで決定される。しかし(実際には)少数の黒幕(注:wire-pullers 操り人形師)による影響を非常に受けている。議会や政府の活動において、党の綱領を実施しようとするかどうかは,(党や政府の)指導者(たち)の決定に委ねられている。彼ら(指導者たち)が党の綱領を実施しないことを決意すれば,彼らの追従者は指導者の背信を投票で支持することが義務であり,一方,彼らは演説においては,背信など起こっていないと否定するのである。こういった制度こそ,(政府や政党の)指導者たちに一兵卒の支持者たち(注:役職についていない国会議員や党員)が反抗することを挫き(挫折させ),法律を(実際に)制定することなく改革を擁護する(改革を叫ぶ)権力を(指導者たちに)与えてきているのである。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.17 Political parties were, until recently, very loose organizations, which made only very slight attempts to control the activities of their members.Throughout the nineteenth century, Members of Parliament frequently voted against their Party leaders, with the consequence that the results of divisions were far more unpredictable than they are now. Walpole, North, and the younger Pitt controlled their supporters, to a certain extent, by means of corruption ; but after the diminution of corruption, and while politics was still aristocratic, governments and party leaders had no way of bringing effective pressure to bear. Now, especially in the Labour Party, men are pledged to orthodoxy, and failure to keep this pledge usually involves both political extinction and financia1 loss. Two kinds of loyalty are demanded : to the programme, in the opinions professed ; and to the leaders, in the action taken from day to day. The programme is decided in a manner which is nominally democratic, but is very much influenced by a small number of wire-pullers. It is left to the leaders to decide, in their parliamentary or governmental activities, whether they shall attempt to carry out the programme; if they decide not to do so, it is the duty of their followers to support their breach of faith by their votes, while denying, in their speeches, that it has taken place. It is this system that has given to leaders the power to thwart their rank-and-file supporters, and to advocate reforms without having to enact them.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_170.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。