ラッセル『権力-その歴史と心理』第8章 経済的な権力 n.17


 国力において宣伝の演ずる役割は,教育の普及とともに増加してきている。大部分の国民が進んで困難を受け止め,多くの国民が進んで(戦争で)死ぬのでない限り,国家は近代戦において成功できない。このような積極性(willingness 進んでする気持ち)を生みだすために,統治者(支配者)は被支配者に対して,この戦争は何か重要な事に関わるものであることを(注:be about something ~に関与する,関わる),即ち,実際,この戦争は殉死に値するほど重要であることを,信じ込ませなければならない。宣伝は,第一次大戦における連合国側の勝利の原因の大きな部分をなすものであったし,また,1918年から1920年に至る間のソヴィエト(注:ロシア革命)の勝利のほとんど唯一の原因をなすものであった。軍事力と経済力とを癒合(ゆごう)させるその同じ原因が,同時にまた,この二つの力と宣伝力との統一へと向かわせるのは,明らかである。実際,一つの組織の中に,全ての形式の権力を結合させようとする一般的傾向があり,その一つの組織とは,必然的に,国家であるに違いない(国家ということでなければならない)。 それらの権力の結合を妨害する力が働かない限り,異なる権力の種類の区別は,間もなく,単なる歴史的興味しか持たないものになるであろう。

Chapter VIII: Economic Power, n.17

The part played by propaganda in national power has increased with the spread of education. A nation cannot succeed in modern war unless most people are willing to suffer hardship and many people are willing to die. In order to produce this willingness, the rulers have to persuade their subjects that the war is about something important -so important, in fact, as to be worthy of martyrdom. Propaganda was a large part of the cause of the Allied victory in the War, and almost the sole cause of the Soviet victory in the years 1918 to 1920. It is obvious that the same causes which are leading to a coalescence of military and economic power are also tending towards a unification of both with propaganda power. There is, in fact, a general tendency towards the combination of all forms of power in a single organization, which must necessarily be the State. Unless counteracting forces come into play, the distinction between different kinds of power will soon be of only historical interest.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER08_170.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。