ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.23


 我々がまだ検討していない(検討してこなかった)個人の(個人が持ちうる)権力の一形態がある。即ち,黒幕の権力である。(たとえば)廷臣(courtiers 宮廷に仕える重臣),陰謀者(intriguers),スパイ,及び陰で糸を操る者の権力である。組織を統括(支配)する者が大きな権力を握っているあらゆる大規模な組織において,支配者ほど有名ではないがしかしごく私的な方法で彼ら支配者に影響力を及ぼすことのできる男性(あるいは女性)が必ず存在している。陰で糸を操る者(注:wire-pullers 人形を針金で操る人)と政党のボスは同じタイプに属している。ただし,両者は使うテクニックは異なっている(両者は使うテクニックは異なっているけれども,両者は同じタイプに属している)彼ら(黒幕)は,自分の友人をこっそりと重要な地位に坐らせ,そうして,やがてその組織を牛耳る。世襲制をとっていない独裁制(国家)においては,そうした人々は,独裁者が亡くなったあとに独裁者の後継者になりたいと思うかも知れない(注:みすず書房版の東宮訳では「こうした人々が,独裁者亡きあとの後継者となることにまず間違いはあるまいが・・・」と誤訳している)。
しかし,概して,彼らは舞台の正面には出てきたがらない。彼らは,光栄を愛する以上に権力を愛する人間である。彼らは,社交上においては,臆病な人間である場合が多い。時折,東洋の君主国の宦官や,あらゆるところの国王の愛妾(めかけ/側室)のように,そうした人物は,何らかの理由で,名義上の指導権から遠ざけられている場合がある。彼らの影響力は,名目上の権力が世襲の場合に最大となり,それが個人的な技能や精力の報酬である場合に最小となる。けれども,そのような人々は,最も現代的な統治形態においても,普通人(一般人)が,怪しく(どうなっているのかと不可思議に)思うような領域(departments 部門)で,不可避的に,かなりの権力をもっている。
 こうした部門のなかで,現代において,最も重要なものは,通貨と外交政策の領域(部門)である。カイゼル・ウィルヘルム二世の時代に,ホルシュタイン男爵(ドイツ外務省終身主席)は,公にはまったく姿を現さなかったが,甚大な権力をもっていた。こんにち英国外務省の終身官僚の権力がどれほど大きいかは,我々(英国民)が知ることは不可能である。これを知るのに必要な文書は,我々の子孫の時代に公表されるかも知れない(可能性がある)。黒幕の権力に必要な資質はその他の権力に必要な資質とはまったく異なっており,また,常にそうであるわけではないが,一般的に言って,望ましくない資質である。従って)廷臣や陰で操る人に多大の権力を与える制度は,概して,一般の幸福(福祉)を増進する制度とはなりそうもない。

Chapter III: The Forms of Power, n.23

There is one form of the power of individuals which we have not yet considered, namely, power behind the scenes: the power of courtiers, intriguers, spies, and wire-pullers. In every large organization, where the men in control have considerable power, there are other less prominent men (or women) who acquire influence over the leaders by personal methods. Wire-pullers and party bosses belong to the same type, though their technique is different. They put their friends, quietly, into key positions, and so, in time, control the organization. In a dictatorship which is not hereditary, such men may hope to succeed to the dictator when he dies ; but in general they prefer not to take the front of the stage. They are men who love power more than glory; often they are socially timid. Sometimes, like eunuchs in Oriental monarchies, or kings’ mistresses elsewhere, they are, for one reason or another, debarred from titular leadership. Their influence is greatest where nominal power is hereditary, and least where it is the reward of personal skill and energy. Such men, however, even in the most modern forms of government, inevitably have considerable power in those departments which average men consider mysterious. Of these the most important, in our time, are currency and foreign policy. In the time of the Kaiser William II, Baron Holstein (permanent Head of the German Foreign Office) had immense power, although he made no public appearances. How great is the power of the permanent officials in the British Foreign Office at the present day, it is impossible for us to know ; the necessary documents may become known to our children. The qualities required for power behind the scenes are very different from those required for all other kinds, and as a rule, though not always, they are undesirable qualities. A system which accords much power to the courtier or the wire-puller is, therefore, in general not a system likely to promote the general welfare.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_230.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。