ラッセル『結婚論』第十八章 優生学 n.8


『結婚論』第十八章 優生学 n.8:人種優生学

 あるタイプの政治家や政治評論家(publicists 時事評論家)に大変人気のある一種の優生学がある。これを人種優生学 (race eugenics) と呼んでもよいだろう。この優生学は,ある人種または国民は(もちろん,筆者もそれに属している(冗談)),他の全ての民族よりもずっと優秀であるから,劣った種族を犠牲にして数(人口)を増やすために軍事力を行使すべきだ,という主張から成り立っている。この最も注目すべき例は,アメリカ合衆国における北欧人のプロパガンダで,それは,移民法の中で立法上の承認に勝利することに成功している。この種の優生学は,ダーウィンの適者生存の原理に訴えることができる。しかるに,奇妙なことに,その最も熱心な主唱者は,ダーウィン説(注:進化論)を教えることは違法とするべきだ,と考えている連中である。人種優生学に結びついている政治的プロパガンダは,大部分,望ましくない類のものである。しかし,このことは(今は)忘れて,この問題をその真価(merits 功罪)によって換討してみよう。

Chapter XVIII: Eugenics, n.8

There is a kind of eugenics, very popular with certain types of politicians and publicists, which may be called race eugenics. This consists in the contention that one race or nation (of course that to which the writer belongs) is very superior to all others, and ought to use its military power to increase its numbers at the expense of inferior stocks. The most noteworthy example of this is the Nordic propaganda in the United States, which has succeeded in winning legislative recognition in the immigration laws. This kind of eugenics can appeal to the Darwinian principle of survival of the fittest; yet, oddly enough, its most ardent advocates are those who consider that the teaching of Darwinism should be illegal. The political propaganda bound up with racial eugenics is mostly of an undesirable sort; but let us forget this, and examine the question on its merits.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM18-080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。