ラッセル『結婚論』第五章 キリスト教倫理 n.11


第五章 キリスト教倫理 n.11:感情のこもった言葉

 ジュレミー・ベンサム(Jeremy Bentham, 1748-1832:功利主義の経済学者として著名)は,行動の源泉(としての動機)の一覧表を作った。彼は,その中で,人びとが(それを)称賛するのか,非難するのか,あるいは,中立的に扱うのかに従って,あらゆる人間の欲求を三段(三層)のカラム(欄)に分けて挙げている。そうして,(たとえば)一段目のカラムには「大食(gluttony)」とあるが,それと向かい合った(opposite it),次のカラムには「社交的な食事(social board)の楽しさを愛すること」とある。また,衝動に称賛の名称をつけるカラムでは,「公共精神」とあるが,それと向かい合った,次のカラムには「悪意 (spite)」(という記述)が見いだされる

倫理上の話題について明噺に考えてみたい人に対しては,(他ならぬ)この点において(in this particular)ベンサムを真似ることを私はお薦めしたい。そして,非難を伝える語のほとんどすべてには,称賛を伝える同意語があるという事実に慣れたあとで,称賛も非難も伝えない語を使用する習慣を身につけることをお薦めする。「不貞(adultery)」も「姦通(私通)(fornication)」も,非常に強い道徳的な非難を伝える語であるので,そういう語が使用されている限り,明噺にものを考えることは困難である。

けれども,それ以外に(他に),我々の道徳を堕落させようと思っている扇情的な(好色的な)作家の使う語がある。(たとえば,)そういう作家は,「勇敢な(恋愛)行為」だとか,「法律の冷たい束縛によって足かせをされない恋愛」といった言い方をするだろう。これらの(二組の)語のセットには(注:前半にあげた2つの語と後半にあげた2つの語),ともに偏見をかき立てる意図がある。もしも,われわれが冷静に考えたいと思うなら,どちらの組の語も(使用を)意図的に避けなければならない

不幸なことに,これによって,必然的に,我々の文学的なスタイルが損なわれるにちがいない。称賛の言葉も,非難の言葉も,ともに装飾的で面白い。毒舌や激賞で読者を惹きつけることができるし,また,ちょっとしたスキルで,著者は,読者の感情を思いのままの方向に喚起することもできる。けれども,我々は,理性に訴えたいので,たとえば「婚外の性関係」などといった,無味乾燥な中立的な言葉を使わなければならない

しかしそれでも,多分,これはあまりにも厳格な教訓だろう。というのは,結局,我々が扱っているのは,人間の情緒が強く関係している事柄であり,かりに文章から完全に情緒を排除してしまったなら,扱っている主題の内容(subject-matter)を伝えることができないかもしれないからである。

あらゆる性的な事柄に関して,当事者の観点から記述するか,それとも,ねたみ深い部外者の観点から記述するかによって,極端が存在する(生じる)我々自身がすることは「勇敢な(恋愛)行為」であり,他人がすることは「姦通(私通)」になる。それゆえ,情緒的な色彩を帯びた言葉も忘れないようにしなければならない。そして,時折,我々もそれを使用するかもしれない(使用してもよいだろう)。しかし,控えめにそうしなければならない。そして,大部分においては(in the main),中立的かつ科学的に精確な言葉遣い(表現法)で満足しなければならない

Chapter V Christian Ethics、n.11

Jeremy Bentham made a table of the springs of action, where every human desire was named in three parallel columns, according as men wish to praise it, to blame it, or to treat it neutrally. Thus we find in one column “gluttony”, and opposite it, in the next column, “love of the pleasures of the social board”. And again, we find in the column giving eulogistic names to impulses, “public spirit”, and opposite to it, in the next column, we find “spite”. I recommend anybody who wishes to think clearly on any ethical topic to imitate Bentham in this particular, and after accustoming himself to the fact that almost every word conveying blame has a synonym conveying praise, to acquire a habit of using words that convey neither praise nor blame. Both “adultery” and “fornication” are words conveying such immensely strong moral reprobation that so long as they are employed it is difficult to think clearly. There are, however, other words used by those lascivious writers who wish to corrupt our morals: such writers will speak of “gallantry”, or “love unfettered by the cold bonds of law”. Both sets of terms are designed to arouse prejudices ; if we wish to think dispassionately, we must eschew the one set just as much as the other. Unfortunately this must inevitably ruin our literary style. Both words of praise and words of blame are colourful and interesting. The reader can be carried along by an invective or panegyric, and with a little skill his emotions can be aroused by the author in any desired direction. We, however, wish to appeal to reason, and we must therefore employ dull neutral phrases, such as “extra-marital sexual relations”. Yet perhaps this is too austere a precept, for after all we are dealing with a matter in which human emotions are very strongly involved, and if we eliminate emotion too completely from our writing, we may fail to convey the nature of the subject-matter with which we are dealing. In regard to all sexual matters there is a polarity according as they are described from the point of view of the participants or from that of jealous outsiders. What we do ourselves is “gallantry” ; what others do is “fornication”. We must therefore remember the emotionally coloured terms, and we may employ them on occasion; but we must do so sparingly, and, in the main, we must content ourselves with neutral and scientifically accurate phraseology.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM05-110.HTM

<寸言>
恋愛においては極端な言葉を使うのもよいであろうが、対話の場においては可能な限り客観的な感情を表さない言葉を使うほうがよい。その場合、多くの政治家は人気がなくなり、当選しにくくなるかも知れないが、大衆受けすることを言い続ける必要性から、一部の者に対しては利益誘導できても国民全体のためにならないことしてしまう可能性は減るであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。