間違った衝動のはけ口が不幸をもたらす


 人生いかに生きるべきかに関する持論(理論)を持っている人たちは,自然の制約を忘れがちである。あなたの生活様式(生き方)が,自ら定めたある最高の目的のために,衝動を常に抑制することを伴っているとしたら,その目的は,その要求する努力のために,絶えず嫌なもの(不愉快なもの)になっていく傾向がある(いきがちである)。正常なはけ口を塞がれた衝動は,多分,他のはけ口を見出すだろう。楽しみをいくらかでも自分に許すなら,それはあなたの生活の主流から分離され,酔いしれた,軽薄な(つまらない)ものとなるであろう。そのような楽しみは,まったく幸福をもたらすことなく,一層深い絶望のみをもたらす。

道徳主義者の間では,幸福を追求することによっては幸福は得られないということ(見方)が常識となっている。これは,幸福追求の仕方が賢明でない場合にのみ真である。モンテカルロのギャンブラー(賭博常習者)は,金銭の獲得を追求するが,彼らの大部分はお金を得る代りに(お金を)失ってしまう。しかし,しばしば成功する金銭の追求の方法が他にある。それは,幸福についても同様である(幸福についても同様のことが言える)。あなたが幸福を飲酒によって追求すれば,二日酔に向かっていることを忘れるだろう(気がつかないだろう)エピクロスは気の合った仲間の間で暮らし,乾燥したパンのみを食べることにより,また,祝祭日にはわずかのチーズを追加することによって,幸福を追求した。彼の方法は彼の場合は成功した。しかし,彼は病弱者であったのであり,大部分の人々はもっと生気に溢れたものが必要だろう。大方の人にとって,幸福の追求は,多様な方法で補われないと,抽象的かつ理論的でありすぎ,個人の生活規律として十分ではない。しかし,あなたがどのような個人的生活規律を選ぶとしても,稀な英雄の場合を除いて,それは幸福と両立しないものであってはならない,と私は考える。

People who have theories as to how one should live tend to forget the limitations of nature. If your way of life involves constant restraint of impulse for the sake of some one supreme aim that you have set yourself, it is likely that the aim will become increasingly distasteful because of the efforts that it demands; impulse, denied its normal outlets, will find others, probably in spite; pleasure, if you allow yourself any at all, will be dissociated from the main current of your life, and will become Bacchic and frivolous. Such pleasure brings no happiness, but only a deeper despair.
It is a commonplace among moralists that you cannot get happiness by pursuing it. This is only true if you pursue it unwisely. Gamblers at Monte Carlo are pursuing money, and most of them lose it instead, but there are other ways of pursuing money which often succeed. So it is with happiness. If you pursue it by means of drink, you are forgetting the hangover. Epicurus pursued it by living in congenial society and eating only dry bread, supplemented by a little cheese on feast days. His method proved successful, in his case, but he was a valetudinarian, and most people would need something more vigorous. For most people, the pursuit of happiness, unless supplemented in various ways, is too abstract and theoretical to be adequate as a personal rule of life. But I think that whatever personal rule of life you may choose, it should not, except in rare heroic cases, be incompatible with happiness.

出典: The road to happiness (1952)
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/1952_RtoH-020.HTM

<寸言>
多くの人が手っ取り早くて多くの興奮が得られる気晴らしや衝動のはけ口を求める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。