婦人参政権実現のために戦ったラッセルとそれに対する大衆の反応


Rat2 この後,私は,自由貿易連合のために‘自由貿易’擁護の演説を始めた。私は以前一度も公開演説を試みたことがなく,最初の時は,自分を全く無能者にしてしまうほど,’内気’で’神経質’であった。けれども,しだいに私は,神経質でなくなっていった。1906年の選挙が終わり,保護貿易’の問題が一時下火になると,私は婦人参政権のための活動に着手した。平和主義者としての立場から,私は主戦論者(好戦的な人間)を嫌い,いつも立憲主義的政党とともに活動した1907年に私は,国会議員補欠選挙の時,女性の選挙権を擁護して,立候補さえもした。(ロンドン郊外の)ウィンブルドン地区における選挙戦は,(選挙戦)期間が短く,また困難なものであった。Rat2のちに,私は第一次世界大戦反対の運動をおこなったが,その時の一般大衆の抵抗は,1907年に婦人参政権論者が受けた一般大衆の抵抗の激しさに比べれば,比較にならないほど,より穏やかなものであった。婦人参政権に関する全ての問題は,大多数の民衆からは,単なる’お祭り騒ぎ’のための話題として扱われていた。群衆は,婦人(大人の女性)に向かっては,「家ヘ帰って赤ん坊の世話をしなさい!」と,また,男性に向かっては,その年齢に関係なく,「君がこうして外に出ていることを,お母さんは知っているかい?」というように,嘲笑的な言葉を大声で叫んだものである。腐った卵が私をねらって投げつけられ,それが妻に命中した。私が参加した最初の集会の時,女性たちを驚かせるため鼠が放たれ,そうしてその謀略に加わっていた女性たちは,自分たちの’性’を辱めるために,故意に恐怖をよそおって叫び声をあげた。Rat2

[寸言]
After this I took to speaking in defence of Free Trade on behalf of the Free Trade Union. I had never before attempted public speaking, and was shy and nervous to such a degree as to make me at first wholly ineffective. Gradually, however, my nervousness got less. After the Election of 1906, when Protection ceased for the moment to be a burning question, I took to working for women’s suffrage. On pacifist grounds I disliked the Militants, and worked always with the Constitutional party. In 1907 I even stood for Parliament at a by-election, on behalf of votes for women. The Wimbledon Campaign was short and arduous. It must be quite impossible for younger people to imagine the bitterness of the opposition to women’s equality. When, in later years, I campaigned against the first world war, the popular opposition that I encountered was not comparable to that which the suffragists met in 1907. The whole subject was treated, by a great majority of the population, as one for mere hilarity. The crowd would shout derisive remarks: to women, ‘Go home and mind the baby’; to men, ‘Does your mother know you’re out?’ no matter what the man’s age. Rotten eggs were aimed at me and hit my wife. At my first meeting rats were let loose to frighten the ladies, and ladies who were in the plot screamed in pretended terror with a view to disgracing their sex.
出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.1, chap. 6: Principia Mathematica, 1967]
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/AB16-160.HTM

[寸言]
(注:ラッセルは,1907年に,Wimbledon 選挙区より,婦人参政権,自由貿易論を主張し,全国婦人参政権協会連合会の推薦を受け,下院議員補欠選挙に自由党から立候補したが落選した。対立候補は保守党の大物 H. Chaplinであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。