知的戯言の概要(1943) n.4


 過去四百年を通して - その間、科学の成長は、徐々に、人々(人間)に自然の行程・あり方(the ways of nature)についての知識や、自然の諸力を支配する知識の、獲得方法を示してきた - 聖職者は天文学や地質学、解剖学や 生理学 生物学や心理学や社会学の面で科学と負け戦を戦ってきた。聖職者達は、一つの陣地(position 場所)から追い出されると、別の陣地(場所)を敷いた(taken up another position)。(即ち)天文学で形勢が悪化した後、彼ら(聖職者達)は地質学の勃興をさまたげることに最善を尽くした。彼ら生物学においてはダーウィンと戦い、そうして、現在では、心理学と教育の科学的理論と戦っている。それぞれの段階で、彼らは公衆(一派大衆)に、以前の彼らの無知蒙昧主義(obscurantism  事実・表現・意味などを〕故意に曖昧にするやり方)を忘れさせようと努めているそれは、彼らの現在の無知蒙昧主義をあるがままに認められないようにするためである。科学の勃興以来聖職者達の間に見られた不合理性(irrationality)の例を少し注目してみよう、そうして、その後で、彼ら(聖職者)以外の人類が彼らよりもいくらかでもましであるかどうか、探究してみよう。

 Outline of Intellectual Rubbish (1943), n.4
Throughout the last 400 years, during which the growth of science had gradually shown men how to acquire knowledge of the ways of nature and mastery over natural forces, the clergy have fought a losing battle against science, in astronomy and geology, in anatomy and physiology, in biology and psychology and sociology. Ousted from one position, they have taken up another. After being worsted in astronomy, they did their best to prevent the rise of geology; they fought against Darwin in biology, and at the present time they fight against scientific theories of psychology and education. At each stage, they try to make the public forget their earlier obscurantism, in order that their present obscurantism may not be recognized for what it is. Let us note a few instances of irrationality among the clergy since the rise of science, and then inquire whether the rest of mankind are any better.
Source: Bertrand Russell : An Outline of Intellectual Rubbish, 1943 Reprinted in: Unpopular Essays, 1950, chapter 7:
More info.: http://www.ditext.com/russell/rubbish.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です