ラッセル『私の哲学の発展』第18章 「批評に対する若干の返答」その2_論理学と存在論 _09


 数理論理学(記号論理学)がなすことは、存在論的地位が疑わしい可能性があるようなところで存在論を確立することではなく、 むしろ、ひとつの対象を指示するという直截的な意味をもつところの語の数を減らすことであ る。すべての自然数が何らかの存在者であるということは、以前には普通な考えであった。そしてす べての自然数がそうだとまで言わない人でも、一という数がひとつの存在者であることは信じていた。 われわれはといえば、それが真でないという証明はできないけれども、数学がそういう考えの証拠を 何も与えないということを証明することはできるのである。  最後に、「普遍者は存在するか」という問いは多義的である。或る解釈では、たしかに「然り」と答 えることができる。他の解釈では、現在のところ決定的な答は可能でないように見える。私が普遍者 の存在論的地位について主張しうることは、『意味と真理との研究』の最終章に述べてある。(終)

Chapter 18: Some Replies to Criticism, n.2_9
What mathematical logic does is not to establish ontological status where it might be doubted, but rather to diminish the number of words which have the straightforward meaning of pointing to an object. It used to be a common view that all the integers were entities, and those who would not go so far as this were at least persuaded that the number 1 is an entity. We cannot prove that this is not the case, but we can prove that mathematics affords no evidence for it. Finally, the question ‘Are there universals?’ is ambiguous. In some interpretations, the answer is certainly ‘yes’ ; in others no decisive answer seems possible at present. What I have to say about the ontological status of universals is contained in the last chapter of An Inquiry into Meaning and Truth.
 Source: My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell
 More info.: https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_18-250.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。