ラッセル『私の哲学の発展』第17章 「ピタゴラスからの後退」n.4


 数学的推論の優美な部分から得られる審美的な喜び依然として残っているしかしこの点においてもまた 幻滅があった。以前の章で述べた数学の基礎にひそむ矛盾の解決は、真であるかも知れぬが美しくは ない理論を採ることによってのみ可能であると思われた。私は矛盾について、熱心なカトリック信者 が邪悪な法王たちについて感ぜざるをえぬところとほとんど同じ感じをもつ。数学において見出そう とずっと期待しつづけて来たすばらしい確実性は、どう抜け出したものか分らぬような迷路の中に失 われた。これらすべては、もし私の禁欲的な精神状態が弱まりはじめたのでなかったなら、私を大い に悲しませたことであろう。 禁欲的気分ははじめ私をまことにつよく捕え、ダンテの『新生』は私に は心理的に全く自然と感ぜられ、その異様な象徴的表現は情緒的満足を私の心に与えたほどだった。 しかしこの気分は去りはじめ、最後に第一次世界大戦によって全く払拭された。

Chapter 17: Retreat from Pythagoras ,n.4
The aesthetic pleasure to be derived from an elegant piece of mathematical reasoning remains. But here, too, there were disappointments. The solution of the contradictions mentioned in an earlier chapter seemed to be only possible by adopting theories which might be true but were not beautiful. I felt about the contradictions much as an earnest Catholic must feel about wicked Popes. And the splendid certainty which I had always hoped to find in mathematics was lost in a bewildering maze. All this would have made me sad but for the fact that the ascetic mood had begun to fade. It had had so strong a hold upon me that Dante’s Vita Nuova appeared to me psychologically quite natural, and its strange symbolism appealed to me as emotionally satisfying. But this mood began to pass, and was finally dispelled by the First World War.
 Source: My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell
 More info.: https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_17-040.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。